« 50年後 | トップページ | 出会いの不思議さ »

2005年4月 3日 (日)

掃除

hchromatic_Chromonica-48久しぶりにクロマチックハーモニカを吹いてみたくなった。HOHNERのクロマチック。


理由はジョンの「ACOUSITIC」を買って聴いたから。って今更聴くの遅いな~。去年の9月だよ発売されたの。ジョン・ファンの風上にも置けない輩だな。ってこのアルバムに全然ハーモニカ出てこないじゃん。変な理由。

ジョンが使っていたモデルとは違うけど、このクロマチックはLOVE ME DOを演奏する際には必須のアイテム。ファのシャープを出さなきゃいけないもん。Cのブルースハープじゃ無理です。
クロマチックだからブルースハープには無いレバー付き。レバーとは音程を変えるためのものです念のため肝臓じゃありません。それはこの世で最も僕が苦手とする食べ物のひとつですよ?あと他には牛スジ。匂い嗅いだだけで戻す自信があります。
そのクロマチックの命は言ってみればこのレバーです。半音調整できるのですから。それこそクロマチックのクロマチックたる所以。

それでいざレバーを操作しようと思ったところなぜかガッチリ固定されてて動かない。押したっきり全然戻ってこないじゃん。アレーおかしいな~?ンこれ唾のせいか?唾って固まるか?まさか。
それにしてもなんだこのベタベタしてるのは?
そうだ思い出した。

去年の九月に刈谷のメイドインジャパンで旧メンバーでのセルターブ最後のライブやった時にラブミードゥやったんだっけ。そうだ間違いないアルバムプリーズプリーズミーを全曲完奏したんだった。その時使ったきりだ。
その時もレバーの動きが良くなかったんだ。ライブ直前まで確認しなかったから苦肉の策でサラダ油をお店に借りてハーモニカの穴の部分に塗りたくったんだった。「お~滑る滑るグーじゃんグーじゃん」
そのまま半年放置。そりゃ固まるわさ。

さてどうしよう。分解してみる?でもその後元に戻るかな。俺組立て関係には弱いんだよな。実績的に色んなもの何度も潰してるもんな。このHOHNERは少ない小遣いから\14,000も出して買ったものだから壊したくないな。でもレバーが動かないんじゃ壊れたも同然か。やってみるか。

で分解。
レバーのパーツを慎重に慎重に一点一点並べる。肩に力が入り過ぎてる。わかってる。程なく見事分解完了。
なるほどこういう構造になってるのか。勉強になるな。
は~ん確かにレバーの隅々までサラダ油がガッチリこびり付いてます。ガビガビのネトネトだ。
食器用洗剤で念入りに手洗い。その後ドライヤーで強制乾燥。そして復旧、試運転…。

は!完全に元通りだ。やったぞ俺。もうクロマチックのメンテのプロを名乗ってもいいんじゃないかというくらいの出来栄え。メチャ感動。よ~しこれで思い残すとこなく吹きまくれるぞ。


って。今度はなんか音の出が悪くなってるような気がするぞ。そういや前から段々音の抜けが悪くなってきてたな。
自他共に認めるなかなかどうしての音色を奏でる理由はこれに起因してるわけだ。
これはどうしたらいいんだろう。それこそ分解しても悪くするだけのような確信があるぞ。
こういうのって誰に聞いたらいいんだろう。今度楽器屋持ってってみようかな…。詰まってるみたいなんです、って。なんか情けないな。

まぁラブミードゥやらなきゃいいだけの話か。その前にまともに吹けるようになれって?ま、いいってそれは(^^)

jl_aco

|

« 50年後 | トップページ | 出会いの不思議さ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掃除:

« 50年後 | トップページ | 出会いの不思議さ »