« 掃除 | トップページ | 新人に贈るエール »

2005年4月 4日 (月)

出会いの不思議さ

思いがけない時に、思いがけない人とバッタリ出会う時がある。

先日だしぬけにそんな場面に遭遇した。その人とは顔見知り程度の関係だ。申し訳なくもフルネームは忘れてしまっている。音楽を通して知り合った人だ。


滅多に行かない桑名駅前の某百貨店にフラッと買い物に寄った。駐車場に車を停めて、館内にある沢山のエレベーターの内の一つにたまたま乗った。目的の階の扉が開いた瞬間に、エレベーター前の専門店の中に居た制服を着たその人と目が合った。
当然の如く僕はその人がそこの専門店に勤めている事など知る由もない。
思わず声が出た。「あ、見た事ある人だ」独り言の様に小さく呟いたはずが確実にその人に伝わった様だ。こんな感じは良くある。口の形だけで言葉は聞えていなくてもお互いの言わんとする事が解り合っているというあの感じ。当にそれだった。

吸い寄せられる様にお互いが近づいた。
「あぁこちらにお勤めだったんですか」…もっと気の利いた事は言えないのか俺は。
「そうなんです。この近くにお住まいだったんですか?」
「いえ、ちょっと離れてるんですけどね、たまたま今日はここに寄ったんです」
「そうだったんですか…」妙に照れ臭くなって来た。で何とか言葉を継ぐ。「何処かで見たことある人だなって」
「私もそう思いました」
「…」
「…」
「じゃ、行きます。お仕事頑張って下さいネ」
「はい」

当たり前だ。会話の準備などしている筈などない。だがそれはお互い様だ。
でもその場を離れる時、何故だか顔が綻んでいた。映画やドラマの中の何気ないワンシーンの様だった。そんな偶然にワクワクした。


生きているだけで沢山の人と出会う。
街や駅などにちょっと出掛けるだけでそれこそ何千人の人とすれ違う。
それだけ沢山の人が居るのに、自分の人生には全く無関係だ。奇妙な事だけどそれが当たり前だ。
そんな中で、こんな出会いもある。不思議な事だけど。
袖すりあうも他生の縁、とはよく言ったものだ。


人生って、実はこんな偶然の出会いで成り立っているんだろうな。

|

« 掃除 | トップページ | 新人に贈るエール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出会いの不思議さ:

« 掃除 | トップページ | 新人に贈るエール »