« 異常起床 | トップページ | どうしても伝えたいこと »

2005年6月 5日 (日)

喉元過ぎれば・・・

僕達夫婦には長い間子供が居なかった。
長い間・・・とはいえせいぜい7年程度ではあるが。
二人で産婦人科に通ってカウンセリングを受けたりもした。
出来ちゃった結婚なんてなんて羨ましいんだと思ったさ。
あんたらなんでそんなに簡単に出来ちゃうの?ってね^^
まあ・・・それはそれで大変なんだろうけど^^

そこは名古屋でも有名な産婦人科。栄の中日ビルのそばにある。
友達から紹介されてそこに何ヶ月間か通って、それでも兆候が現れなかったので、いよいよ不妊治療という段階に入りかけた時。
エコー画像に小さな二つの光り輝くものが映し出されたのだ。
その瞬間の医師と奥さんと僕。三人で手を取り合って喜んだ。
先生曰く「ついに仕留めましたね!おめでとう!」
しかしあのーセンセイ仕留めるって・・・^^でも確かに言い得て妙だったな。
年甲斐もなくガッツポーズしちゃったもんな(^^)


それまで周りからは随分色々なことを言われた。僕達の生活には全く関係の無い筈の人達に。
中にはいまだに思い出すと悔しくて眠れなくなるなるほどの言葉もあった。
ところが悪いことにそれを言う当の本人は全く悪気がない(のだと今は信じたい)。
軽い冗談のつもりだったのだろう。だが言われた側は深く傷ついた。

悲しいかなそういうことは生きているうえで余りにも多い。
翻ればそういう自分だって、きっとそんな風にして沢山の人を傷つけて今まで生きてきたのだろう。それを自分では気付きもしないうちに。


偶に見に行くブログで、こんな格言の引用があった。
「己の欲せざる事を他人に施す事なかれ」
文字にしてしまうと当たり前のようだが(格言とはそんなものか^^)、自分自身に照らし最近思い当たる節があったので、深く考えさせられた。


HPやblogで自分の意見や思いを発信するということは・・・もしかしたらそれによって、例えば些細な表現方法を少し間違えただけで見知らぬ誰か、いや身近な誰かを傷つけることも決して無くはないと・・・思ってしまう時がある。
自分自身のためだけに、閉じたログを残すのであれば何もweb上に公開する必要など無い。
少なくとも公開した時点でそれは公のものとなる。己の手を離れてしまうのだ。そして独り歩きを始める。
そんなつもりじゃなかった、などという言葉は言い訳に過ぎない。
少なくとも書いた責任が紛れも無く発生するのだ。そう考えるのは重すぎるだろうか?

何時だったかblogというものは危険な側面を備えているといった記事を読んだ。
例えば極端な例・・・無責任な社員が匿名で会社の内情を洗い浚いぶちまけてしまうとか。実際にあった話。
チャットや掲示板のように刹那的なものではなく、意図的に削除されるまでログとしてそれは残ってしまう。
怖い話だな。
・・・調子に乗って俺会社のことヤバいこと書いたりしてないだろうな^^;ないと思う・・・多分^^ それは今後も。


んーと、何だったっけ??
えーと子供の話じゃなかったっけ。ああ・・・そうだ心無いことを言われた思い出のことだった。
ほら、これを思い出すと夜も眠れなくなるほど悔しくなるからつい色んなことを考えちゃうんだよ。
何を書いてるのか訳がわからなくなっちゃうくらいにね^^;
後で推敲してきっと情けなくなってくるんだろうな。まいいや。上げちゃえ。


でその時何を言われたかって?別に大した事じゃないよ。
軽い冗談で流せばいいだけのことだったんだよ。
「なんだお前、子供の作り方知らんのか。教えたろか」ってな。
別にその時は笑って流したさ。「ええ!教えてくださいよ~」ってな。

でもその晩悔しくて一睡も出来なかったよ。

・・・あーイカン!無性に腹が立ってきた^^何でこんなこと思い出したんだろう。


ま、何にしてもさ。
待ち望んだ子供が生まれてさ、それも物凄く可愛い双子の女の子でさ、誰にも胸張って世界一可愛いんだって言いきれる我が子の寝顔を見てるとさ(^^)
その時の悔しさなんて。
喉元過ぎれば何とやらになるのさ!(^^)
いい意味で、この時の悔しさをバネにして、僕達夫婦は不妊の山を乗り越えたんだ。


俺に、俺ら夫婦に、あんな心ない言葉を吐きやがった奴よ。
ざまあみろ!手前の吐いた唾飲み込みやがれ!
(今日はすみませんm(__)m でも俺だってたまには毒くらい吐きたいさ)


そいでえとうんと今は育ての苦しみの真っ最中^^;
子供が居なかった時のことを思うとなんと贅沢な悩みなことか。
今が苦しいと思うのは、きっとどんな状況だろうと同じなのだろう。

今のこの苦しみや悩みだって、きっといつか、今が喉元なのだと思う日が必ず来るのに違いないのだろう。

|

« 異常起床 | トップページ | どうしても伝えたいこと »

コメント

まずはお子様誕生おめでとうございます^^

ブログに関して^^

ブログに限ったことではありませんが
私は一応「誰が読んでも誰も傷つかない」よう色々考えて書いております
それでもダメな時はあります
そんなときはすなおに「ごめんなさい」です

「書いた責任」は紛れもなくあります

でも 自分のポリシーで書くことは「文句があるなら言って来い!どこまででも戦ったるわっ!」と覚悟を決めて書きます(笑)

お子ちゃま ちっちゃくていいなぁ
明け方起こされても 夜中泣いて寝てくれなくても「親がいないと生きてけない」って全身で表現してるわけだから。。。。

今はたいへんでも もうちょっとしたらだいじょうぶ^^

ふたごちゃんは本当にたいへんだと思います

がんばってね

投稿: ともも | 2005年6月 5日 (日) 01:38

とももさん(^^)

ありがとうございます。
こんな他愛の無い拙文にもコメントを下さるなんて。

そうですね。そのココロ意気でいきます(^^)
でもとももさん、気合い入るとホントに関西弁になるんですね^^

下の子の水疱瘡は治まりました。
そして今度は上の子が発症することでしょう^^
常に一緒にいるから、防ぎようなんてないんですもの(^^)


双子は、苦しみは倍、でも喜びはその二乗の4倍という言葉を今噛みしめてます。
頑張りまっす。
(でもホントに頑張ってるのは奥さんの方^^亭主は、ただオロオロ歩くだけ^^)

投稿: レノすけ | 2005年6月 5日 (日) 03:22

生まれてこの方 東京23区から出たことないんですけど(笑)

うちは上二人が年子なので病気は 何でも二人 一緒でした

レノすけさんは偉いよ ちゃんと奥さんの手助けしてるから^^

うちはダンナの手助けはいっさいなかったですよ

オシメ変えたことも病院連れて行ったこともいっさいないし家事もまったくしないです

唯一やるのは「お好み焼き焼く」だけ
でも下ごしらえと後片付けは私(苦笑)

投稿: ともも | 2005年6月 5日 (日) 10:17

僕は偉いのでしょうか?確かにエライとは思いますが^^;
やらざるを得ないからしてるだけなのかも知れません。
子供が一人だったらここまではきっとしてないでしょう。

でも思いますよ。
年子のお子さんを持つ家庭のほうがきっとエライと^^
だってホラ、双子だったら大抵の事はいっぺんに片付いてくけど、年子は2年間続くわけですから。
・・・さぞかしエライだろうなぁ~^^

しかしあっという間に子供がホントにちっちゃかった時のことは忘れていってしまいますね。
生まれた頃の写真なんか見ると、こんなにちっちゃかったんかあ・・・と思います。
最近写真を取る枚数が減りつつあるので(生後3ヶ月間は殆ど毎日撮ってた^^)、また定期的に撮ってあげなきゃ。
その前にデジカメ買わなきゃ^^

投稿: レノすけ | 2005年6月 6日 (月) 12:35

自分が好きで ネット上に公開しているのに
文字に気を使うことって多々ありますよね。
自分を出し切りたいのに 出し切れないと
いうか・・・。

文字の受け取り方は 人それぞれなので
私は○○と思う。といった書き方を よくしている
ような気がします。

現実面での 暴言?の話。
私は レノすけさんが言われた言葉と全く同じ
言葉を知り合いの 陰口として聞いたことが
あります。

聞いていて もの凄く腹が立って
陰口を叩いた人が急に嫌いになりました。
その場で、文句言ってやろうかと思ったくらいです。
”自分が言われて嫌なことは 他人にも言うな”
こんな幼稚園で習うようなことが出来ない人って
沢山いますよね。

自分は気をつけないと。

投稿: ゆうちこ | 2005年6月 6日 (月) 16:45

ゆうちこさま(^^)

ありがとうございます。
そうそう。人の振り見て我が振り直せ ってなもんですね。
でもぼくは思いました。
これからはとももさんのご指導^^の通り「文句あるんやったらかかってこんかいワレ」で行きます^^ って絶対無理^^;

それはそうと素敵なサイトをお創りになっているんですね(^^)
写真の素材に感動しました。地元の風景なんですか?
何だか冬ソナに出てきそうな感じだ(^^)

投稿: レノすけ | 2005年6月 7日 (火) 08:48

ネット、趣味の1つではあるけど
実は 思いっきり パソ音痴なんです。
タグとか組んで1から 作ってくれたのは旦那。
感謝です^^

褒めて下さってありがとうございます^^
感動なんて もったいない言葉です(汗)

写真は ほとんど 地元かなー。
外出の時は 大体デジカメ持ってます。

投稿: ゆうちこ | 2005年6月 7日 (火) 18:06

デジカメ。欲しいです^^

写真というものは、撮る人の心が表れますよね。
技術なんか関係ない(と言ってしまっては乱暴だけれど)と思います。
同じ風景でも、撮る人によって、写し取られる一瞬の情景は全く違うものになったりしますよね(^^)

投稿: レノすけ | 2005年6月 8日 (水) 00:20

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喉元過ぎれば・・・:

« 異常起床 | トップページ | どうしても伝えたいこと »