« 起床 | トップページ | タモリさんのお陰 »

2005年10月11日 (火)

ポンコツを回避する

最近は少しの間(通勤バスの行き帰り)座ってじっとしているだけで足の裏が無性に痛くなる時がある。いや時があるじゃなくいつも痛くなる。嘘はいけない。でも気持ち的には「時がある」にしておきたいだけなの。

しかしこれは一体なんなんだろう?きっと足が鬱血して軽いエコノミークラス症候群が起こっているのではないだろうか?
バスから降りて歩き出す時、「く~っ」とか心の中で言いながら、歩く。で暫くすると治まる。「ほ~ぅ・・・」て感じである。

でこれは足腰が弱っているに違いないと自己診断した僕は先週から何を血迷ったかスクワットを始めるようになる。
でついでに腕立て伏せも始める。
バランスが大事だからだ。

bodybuilding30


足腰の衰えといえば若い頃は(と言う時点でヤバいことはわかっている)ケッタ・マシーンにどれだけ乗っても平気だったのだけれど今はダメだ。
うちの団地は坂になっているので行きはよいよい帰りは恐い。立ち漕ぎなんかした日には翌日は腿たからふくらはぎにかけて完璧な筋肉痛だろう。


歳をとるにつけ体力の衰えは避けられない。

かく言う僕自身も気持ち的には20代後半ではあるのだけれど現実はかなり厳しいところに追い込まれている。
脳が少々来ていることは前に書いたが肉体的にはまず疲れが取れなくなった。翌々日まで。
若い頃は(今でも若いのだけれど)徹夜なんかしても全然大丈夫だった。
でも今もしそれをやったら(やるとして3000円位のユンケルと強心剤を同時に服用しなければならない)間違いなく一週間くらいは使い物にならなくなるような気がする。それはきっとまるでポンコツ・廃人状態だろう。


うちの子が先日丸二歳の誕生日を迎えた。
僕とは年回りが三回り違う。
我が家には未が三匹。
家族で同じ年回りが三匹揃うのは結構珍しいそうだ。なかなかどうしてこれは結構な福運らしい。ふーむ。


で。
彼女らは今が二歳だから、幼稚園か保育園に行き出すのが仮にあと2年か3年後として果たして僕は幾つになるのだろう。簡単だ。信じられないことだけれどもあろう事か四十路に到達してしまっている。
それで?小学校に上がるのが?何年後?4年後か?僕いくつ?厄年か?
・・・それから卒業するまで何年?

いや、気掛かりなことがひとつだけあるんです。
運動会のことです。あの父兄参加の競技です。
ケッタ・リング・マシーンに乗って筋肉痛になっているようじゃ情けなくてでもそれより増して駆けっこで足がもつれている父親の醜態を世間に晒して子供に冷たい眼で見られるのが怖くて父ちゃんは今からせっせと足腰を鍛えておくからな。せめて周りの若いお父さんに引けはとらない程度に。バランスもちゃんと考えるからな。

ハッピー・マンデーなる素晴らしいものが出来たお陰で10月の第二月曜は休みになっている。
これは中高年のお父さん方への配慮と僕は受け取っている。
ちなみにこれは公明党の実績らしい。ナイスだ公明党。いいぞ庶民・中高年の味方。
ただハッピー・マンデー?命名はどうなのだろう?ハッピー?か?
まあ運動会に出るのに会社休まなくてもいいからハッピー なんでしょう(笑)
ただ僕の様な中高年がこの秋晴れの日に運動会で走り回った翌日は正直言うと身体的にはアウトでしょうから、恐らくきっと虚弱な僕の場合は火曜日も有休を取り土日も併せて4連休となるでしょう。確実に。
となるとそれはそれでハッピーとはいえないかも知れぬ。


えー、でそうそうスクワット&腕立て伏せ。
こないだから始めたところ結果翌日腿・腕・胸・肉パンパンだった。
でも二三日したらもう良くなってるんだよねえ。いいぞ。若いぞ。
これって筋肉になってる証拠かなあ。まだまだ若い筋肉が作られてるってことかなあ。
・・・それともただの筋肉の炎症か?

でスクワット。30回越えた辺りから苦しくなってくるのですのよね。
31、32、33・・・と段々スピードが落ちてくる。
で37と来た時いつもあ!これ今の俺の歳じゃんと思うのですね。
今のところスクワット目標50回(笑わないで)なのであと13回。
38、39、40・・・はあ・・・あと10年(気付くといつの間にか単位が替わっている)。

でもここからが長いのですね。40からが。
でようやく目標の50歳に到達。真っ赤になりながら何とかこなして心臓はバクバク。息はきれぎれ。情けないけれどこれが今の自分の現状なのですな。


で思いました。
40から先は長いと(笑)
どうやら俺まだ人生折り返してもいないみたいな気がしてきた。
まだ間に合うぞ。まだまだポンコツにはなるまい。

|

« 起床 | トップページ | タモリさんのお陰 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポンコツを回避する:

« 起床 | トップページ | タモリさんのお陰 »