« BRAIN VALLEY | トップページ | 支えになるもの »

2005年12月17日 (土)

3.14

原口證さん。59歳。

どうやら至って普通のおじさんのようである。
ところがこのおじさん。凄いのである。

自己の持つ世界記録を更新された。
しかも前回記録樹立時は、会場の公民館の閉館時間になってしまい止む無く途中で断念したという。
で今回。
時間制限のない会場を滞りなく押さえ^^万全の体制で臨んだという。
そして開始より13時間後。日付が変わって夜中の午前1時26分。
8万3,431桁まで諳んじてしまったというのだ。
円周率を。


よほどの天才か並外れた努力家と思いきや、そんな原口さんの経歴を知って更にまた度肝を抜かれた。

小学生の時など成績は良い方ではなく至って普通。
暗記など決して得意な方ではなかったらしい。
高卒で電気部品メーカーに就職。

幼い頃の体験があるそうだ。
心に病を抱いた人の姿を目の当たりにしてからずっとそれが心の奥底に残っていたという。
そういう方たちの支えになれたらいいとの思いで39歳の時に放送大学に入学。
「人間が考え出したものから離れてみたくなり」壮大な宇宙に思いを馳せるように。
自然科学や哲学、心理学を学ぶ。
その時、小学生の時に習った円周率と再会する。

51歳で脱サラ。その後心のケアを主眼とした奉仕的なお仕事に就かれる。


自由な時間が増え、暇な時間に覚えた円周率を何気なく口ずさむと平常心が保たれることに原口さんは気付いた。
それまでの怒りっぽかった性格が穏やかになっていくのを感じたという。


覚え方がまた独創的である。
日本語による語呂合わせだそうだ。
1は「あ」「い」「ひ」、2は「つ」「に」「の」などひとつの数字にいくつかの言葉をあてはめる事によるものらしい。
すると3.14159265・・・は「さあ安心得んと国許去った儚きその身は・・・」という文章に変換される・・・らしい^^
要するに円周率を翻訳(!)して壮大な物語を構築するのだと。

その発想、どう考えても普通じゃない。
そのストーリーは北海道を出発点に中国シルクロードへ渡りやがて世界一周の旅に出たという。


そしてある年の正月。
原口さんはお屠蘇を飲みながらほろ酔い加減でその物語を思い返していた時に「アレッ?」と気付いたらしい。
「もしかしたらこれで世界に行けるか?」

その後毎晩晩酌をしながら物語をボツボツ再構築していったという。

そしてその3年後。
「僕は全くの凡人。頑張らないで気楽にやったら出来ちゃった」
そう言う原口さんは家族に見守られながら人類未曾有の記録を樹立した。
2005年7月1~2日。


それを知ってしまってからのこと。

ビートルズの歌詞を覚えることだけで四苦八苦している自分がなんとちっぽけに見えたことか^^
ちっちぇ~なあ自分^^;

3

|

« BRAIN VALLEY | トップページ | 支えになるもの »

コメント

59歳、うちの親と同じ歳ですね。

フロントの人は歌詞覚えるのが大変ですよね。
僕なんてもう7割以上レパ達成しましたよ。って7曲ですが。リンゴ曲って12曲?しかないですもんね。

最近は、昨日食べた昼飯のメニューを思い出せなくて、悩む時があります(苦笑)

投稿: ひいくん・☆ | 2005年12月18日 (日) 00:25

ふふっ^^そうです。
本当に歌詞覚えは大変です。ジョンの詩なんて韻踏みまくってるしね。
こないだ「Dig A Pony」を覚え(かけた^^)んですけど、そりゃもうメロメロでしたね。だって6番まであるんだもの。

まあ意外と聴いてる側は歌詞間違えても気付いてない時が多いようですけどね・・・。
しかし円周率暗誦ではそうは行かないものね。そう考えれば考えるほどに本当に凄いおじさんですなあ^^;

投稿: レノすけ | 2005年12月26日 (月) 00:43

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3.14:

« BRAIN VALLEY | トップページ | 支えになるもの »