« てんとう虫で思うこと | トップページ | いま、グリム? »

2005年12月 1日 (木)

冬場の気がかり

あっちゅ間に12月である。
ここのとこ朝晩めっさ寒い。今朝から流石の僕もコートを着た。何が流石か?
先月まではコートを着ているおじさんなんかを見るとけ~もう着てんのと思っていたのだがここまで冷え込むと背に腹は替えられない。

大体いつも衣装を替える時期というもの僕はなかなか踏ん切りがつかない方だ。
学生の時などは夏服冬服というものがきっちり分かれていたから僕のような優柔不断人間にはこのシステムは非常に有り難かった。
ただ切替時期になると前後1週間程の準備期間がある。その時でも僕は期日ぴったりに着替えない事にはどうにも気持ち悪く思ってしまう。
さっさと着替えちゃえばどうってことない事なんだけども。

まあそれで今朝からコートを着た。温いですな。流石に。いいもんですな。


内緒にしている事なのだが実はもうひとつ今朝から着用したものがある。


これは、僕の場合一度着用してしまったが最後、春が終わりゴールデンウィークを迎えるまでそれこそ文字通り肌身離さず着用しなければならなくなる僕にとって非常にプライマリーなものだ。

それも併せて今朝から、着用した。


これの難点は、緊急事態のときだ。
脱ぐ時に着用している時としていない時とでは数秒のタイムラグが発生してしまう。
僕のようはゆるい体質の場合、切迫している刹那にその一・二秒が生死を分ける可能性がある。
それだけが気がかりなのである。

|

« てんとう虫で思うこと | トップページ | いま、グリム? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬場の気がかり:

« てんとう虫で思うこと | トップページ | いま、グリム? »