« 痛みに弱い | トップページ | 演歌 »

2006年1月11日 (水)

アナログ考

その昔僕は収入の全てを楽器に注ぎ込んでいた時期があった。ほんの15年前のことだ。
勿論独身貴族時代の話である。今となっては夢のようなことである。
高校生時代にバイトしてバイトしてバイトしてバイトしてささやかな楽器を購入していたリバウンドか?とにかく給料やボーナスをぶち込んでバカみたいにローランドのシンセサイザーやら音源モジュールやらシーケンサーやら音色カードやらカセットMTRやら、週に一回は栄のセントラルパークの楽器店に足を運んでは滅多やたらに買いまくっていた。
思い起こせば何と幸せな時代だったか。
考えてみると投資額は合計ン100万円は下らないと思う。我ながらアホだった時代である。


昨日奥さんに付き合って楽器を買いに行った。
奥さんのある事情によりどうしても持ち運び用のキーボードが必要になった為である。
思い立ったが吉日である。晩御飯も摂らずに子連れで夜から出かけていった。こういう時だけは我が家は動きがメチャ速い。

で楽器屋で色々物色してこれぞというものを速攻で決定して即買った。3万円程である。
psr-295


それで思うのである。
当時収入の全てを注ぎ込んでいたものに全く遜色のないものがたった1/10ほどの値段で買えちゃうのである。


アナログのものは当時のものが最高なのである。味もある。そのかわりわがままも言う。
だが昨日買ったそれはアナログと違ってデジタルだから、幾ら値段が違おうと今のものに勝てるはずがなく当時のものは全く使い物にならないのである。パソコン君などはその最たるものである。


して考えてみるとアナログとは、限りなく生に近いものなのである。

|

« 痛みに弱い | トップページ | 演歌 »

コメント

リンクありがとうございました。
僕の方からもさせてもらいましたよ。

僕もよく口の中を噛みます。
あわてて物を食べたり、おしゃべりしてたりするとコリッ!
痛いんだよね。

デジタル..僕は音楽を始める前は映像にこっていて、
ビデオカメラとかは何台も持っていました。
昔は8ミリビデオで25万とか出して購入してたんですよね。
業務用に迫る画質!とかって自己満足して。

しかし、今はデジタルの物が10万以下で手に入ってしまう..。
この手の物は楽器みたいに価値が出ないから、ガラクタ同然です(複雑)。

投稿: ひいくん・☆ | 2006年1月11日 (水) 21:32

ひいくん

そうなんですよ。
古いものなのに価値が出ないって納得いきませんよねえ。

関係ないかもしれないけど、たまに街でお洒落な人を見かけた時に、あ、この人お洒落だな って思う瞬間は高価なものを大事に使っていると感じる瞬間なんですよね。
例えばそれが鞄であったり靴であったり。
一点豪華主義というか、こだわりというか、使い込んだからこそ滲み出るものというか。

でもまあ、文句垂れながらでも古いものにこだわって使い続けていけるものはアナログものに限るんでしょうねえ。それはその不正確さが人間臭いからなんでしょうかねえ。

投稿: レノすけ | 2006年1月13日 (金) 02:08

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログ考:

« 痛みに弱い | トップページ | 演歌 »