« 掌の小説 | トップページ | アナログ考 »

2006年1月10日 (火)

痛みに弱い

大体がいつもそうである。
あっと思った瞬間時すでに遅しである。
これだけはどうにも幾ら気をつけていても同じことを何度も繰り返してしまうのである。
ようやく治りかけた部分を再度こりっと噛んでしまうのである。
そこだけ腫れているから余計に噛む確率が大きくなるのである。
僕は、痛みに弱いのである。

|

« 掌の小説 | トップページ | アナログ考 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛みに弱い:

« 掌の小説 | トップページ | アナログ考 »