« キタのか | トップページ | 忘れ物 »

2006年1月21日 (土)

悩み・祈り

ネットの向こうで悩んでいる人がいる。


どうにか手を差し伸べたい。がその手段がない。
近いようで、遠い。
詳しい状況も分からない。断片的にしか。
名前も素性も知らない。ネットだから。
ただ悩んでいるということだけは解る。痛いほどに。

現実的には何もしてあげられないのかもしれない。
だからそれは善意の押し売りだといわれかねない。偽善だと。何様のつもりだと。
そして激しく自問自答する。


しかしただ話を聞くだけでもしてあげたいと思う。出来ることならば。
だから祈る。
何もしてあげられないとき、祈ることしか僕には出来ない。


僕は弱くちっぽけな存在であるけれども、そんな自分を卑下してはいけないと教えて貰ったことがある。
それは自分を冒涜することなのだと。だから自分を信じるのだと。


こんな時にはいつもこの言葉を引く。


悩みとは

悩みがないことが
幸福ではない
どんな悩みにも負けないことが
幸福なのである


自分だけの幸福ではない
人を幸福にできる人が
本当の幸福者なのである


祈りとは

それはあきらめない勇気だ
自分には無理だとうなだれる惰弱さをたたき出す戦いだ
現状は変えられる
必ず

それは恐怖の破壊なのだ
悲哀の追放だ
希望の点火だ
運命のシナリオを書きかえる革命なのだ

|

« キタのか | トップページ | 忘れ物 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悩み・祈り:

« キタのか | トップページ | 忘れ物 »