« 声は夢に通ず | トップページ | 骨 »

2006年1月 4日 (水)

語彙

好みがハッキリしてきた。服など一度気に入ったら離さない。
子供服売り場などでは「わーかわいー」といって気に入ったものを勝手にえもんかけごと引きずって歩いてくる。
また世話焼きでもある。「はいパパの」と言って食べ物を口まで運んでくれるのは良いのだがよく間違えて鼻の穴に入れられる。


どこで覚えてくるのか知らないがチビすけたちの言葉がここひと月位の間に急激にボキャブラリーが増えた。
完全に会話が成り立つ。普通の二歳二ヶ月児とはこんなものなのだろうか。
やはり双子だからではないかと思う。どうやら24時間いつも近くに同年代の存在が居るということは何事にも変え難いもののようだ。

それにしてもやっぱりテレビが子供の語彙を増やすに一役買っているのだろう。
一番影響を受けるのは何よりも周囲の環境なのだ。
うっかりするうちに下の子などもうすでに完璧な三重弁だ。

となるとこの子らはもう完全に日本語人。
将来英語を話したいと思ったときはがんばっておくれよ。できる限り協力はするけどいまだにカタカナ英語の父ちゃんは教えることだけは出来んでな。
外人の彼氏でもつかまえて教えて貰いなさい。
っちゅうかそんな外人連れてきたら親父の一番長い日みたいに父ちゃん殴るけどな。

|

« 声は夢に通ず | トップページ | 骨 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 語彙:

« 声は夢に通ず | トップページ | 骨 »