« 泥に咲く蓮 | トップページ | 変態で一致 »

2006年7月27日 (木)

SHOUT

気がついたら本格的な夏である。はやいものである。うっかりするともう7月も終わりかけている。


熱帯夜。
無風の時は困る。朝起きたら身体が汗でビタビタである。
寝端はエアコンをかけていたりもするがつけっ放しではうちにはチビっ子もいるし何より自分の具合が悪くなるからタイマーを使って切る。すると朝にはビタビタだ。

あまりに気持ち悪いので朝にシャワーを浴びる。暑い時に熱いシャワー。これが良いのだ。だがしかしこれは決定的な対策にはならない。すぐに汗ばんでしまうからだ。
何かいい手はないだろうかと思いを巡らしならば熱いシャワーではなく冷水を浴びたらどうだろうかと考える。ですぐ実行する。

するとこれがなかなか妙案で、暫くの間は発汗が治まる。クールダウン効果抜群だ。
でもいきなり冷水を浴びるという行為はまるで修行僧の様でもあり精神的にも肉体的にもとても勇気を要する。
なので僕の場合まず従来通り熱いお湯を浴び、ひととおり汗を流し終えた後でやにわに給湯器の電源を切るという手法を採っている。すると熱いシャワーがー徐々にぬるくなり最後には冷水に変わる。この変遷が堪らないのだ。キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!となり思わず内股になり無意識に「はうッ、ハウッ」と声が出る。


DEEP PURPLEの黄金期、イアン・ギランの怪鳥音の様なシャウトが僕はたまらなく好きで、完全に冷水に切り替わった時というものはここが閑静な住宅街でさえなければシャワーのノズルをマイクに見立てて“They got music in their solar system”(Space Truckin)と叫びたくなる一瞬なのである。
Dp_mij

|

« 泥に咲く蓮 | トップページ | 変態で一致 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SHOUT:

« 泥に咲く蓮 | トップページ | 変態で一致 »