« お兄さん朝から若いわねえ | トップページ | 三つ巴 »

2006年8月 3日 (木)

記憶

あることに気付いた。
特定の時点における僕の記憶が欠落しているのだ。


それは小学校高学年から中学校の間の数年間の修学旅行や遠足へ行った記憶だ。
いつ何処へ行ったのか、誰が周りに居たのか、どんな所へ泊まったのか、全く覚えていない。
その時に撮った集合写真は間違いなく存在しており、だからその場に僕が居たことは事実だ。
だがその部分だけの記憶がきれいさっぱり切り取られている。思い出そうとすればするほどどんどん深みに嵌っていくような感じがする。

どんな理由によるものなのだろう。ボケだろうか。
それとも何か集団旅行に対してトラウマになる事件的なものがあったのだろうか。そんな覚えは何もないが。


そんな楽しいはずの記憶がないのは非常に残念といわざるを得ない。
何とか思い出してみたい。

|

« お兄さん朝から若いわねえ | トップページ | 三つ巴 »

コメント

私にも思い出せない過去があったりします。
すごーくあやふやで 細かい部分が思い出せない。
自分が生きてきた道なのに思い出せないって
ちょっと寂しいですよね。
でも、思い出すことによって その過去に
囚われてしまう恐れがあるから 思い出せないようになっている・・・とか・・・。
なんか 今 ふっと思ってしまいました。
だから思い出せなくてもいいのかも?
都合いいですかね?(笑)
ちなみに 私は自分が一生懸命過ごした時期の記憶が
曖昧だったりします。

投稿: ゆうちこ | 2006年8月 9日 (水) 23:27

ええ、確かに。思い出せないのは寂しいんです。
でも忘れちゃったのかどうかは知らないけれどいま思い出せないなら別にいいか~と ゆうちこさんのコメントを読んでそう思いました。
今後、何かの拍子にいきなり思い出したりできるのかも?なんてそんなある種の楽しみみたいなものもあることだしね(^^)

投稿: レノすけ | 2006年8月10日 (木) 01:20

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記憶:

« お兄さん朝から若いわねえ | トップページ | 三つ巴 »