« 甘酸っぱい夏のおもひで | トップページ | 無臭でチョレた »

2006年9月 9日 (土)

STILL GOT THE BLUES

Stillgottheblues

STILL GOT THE BLUES

「泣きのギター」という言葉があるが、これ程それが相応しい曲もないのではないかと思う。まあぼくの知る限りであるが(笑)


どういうきっかけかは忘れてしまったがこのアルバムと出会ってから一時ぼくは完全にこの人の虜になってしまったのであった。神社の狛犬というかシーサー顔の(笑)この人に。
指なんかを見ると物凄くぶっとくてとてもあの速いフレーズなんてどう考えても弾けるはずがないじゃないのよさと思ってしまうのであるがそこはやはりこの御大。弾いちゃっているのであります。

随分前に友達に貸していたこのアルバム、全くの別件で彼の家にお邪魔した時にふと貸したことを思い出し「いい加減返してよ」という話になり急遽返して貰った(笑)でも一緒に貸したスコアは彼の引越しのドサクサで紛失してしまったようだ。ちょっと残念。あの速いギターはとても耳コピ出来るレベルじゃないからだ。まあ、仮に聴き取れたとしても同じように弾けるのかということになるとまた別の問題になるのではあるが(笑) シロートにゃどう考えても無理ッしょ(笑)


で、G.MOORE氏です。シーサー顔の御大です。もういいって。
いぶし銀のレスポールから搾り出されるあのチョーク。あーそうそうと太ももをパーンと叩きたくなるようなこれ以上のものはないと思ってしまう程そのブルージー且つロックなフレーズ。ここまで来たらもう弾き切らないとどうにも治まらないと言わんばかりにぐいぐいと聴き手の胸をえぐってくるのは紛れもなく御大の持てる限りのパッションをぶつけられているからに違いないと感じてしまうのであります。
曲調やヴォーカルの雰囲気から考えて、もしかしたらクラプトンがカバーしても結構行けるんじゃないかなと思ったりもしますが。まあそんなことはありえないでしょうけれど。
一説によるとこの印象的且つ象徴的なこのイントロは「ヤマトより愛をこめて(沢田研二)」をパクってるなどということも囁かれているようですが(笑)今はァさらぁばと~言わせないでぇ~くれぇ~♪う~む言われてみると確かに(笑) でもまあそうだとしても、逆でしょ。こっちは氏が二十歳そこそこの時に書いたらしいから。
まあそんなことはあっちに置いといてこの曲。ソロの途中で明らかにピックアップのスイッチのポジションをフロントからリアに切り替えたと判る箇所、そしてその時の息遣いまで伝わってくるこの曲は紛れもなくこの人の最高のブルースであるとぼくは思ってしまうのであります。

|

« 甘酸っぱい夏のおもひで | トップページ | 無臭でチョレた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STILL GOT THE BLUES:

« 甘酸っぱい夏のおもひで | トップページ | 無臭でチョレた »