« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年6月

2007年6月 8日 (金)

(4)

まあ何れにしてもインスタントな温かいお汁はご飯のお供には欠かせません。


ここのところ残業続きでフラフラしてきているのである。

先日、ナミナミとお椀に注いだ白湯にお味噌汁の具を入れてかき混ぜて、後は白米にふりかけを振れば準備万端というところまでの一連の作業を無意識に行っていた。
無意識に、というのはそれがあまりにも日常的作業であるためにすこぶる自然に行われる行為であるためで、その一連の動作をしているという自覚も記憶もないわけである。
で気が付いたら湯気の立つmyお椀の中に一面のりたまが浮いていた。

こういう時に自分はかなり疲れているのだと発見するわけであるがまあそれはそれで取り返しの付かないことなのであくまでどこまでもポジティブによーくかき混ぜて僕はそれを食した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

鶏が先か卵が先か(3)

ええ。そういう展開です。
ただ本意ではないですが…。そもそもなんでこんな展開に?ぜんぜん本題に入れない。まあ、ぼくの責任ですが。


ちなみにまったく余談ですがインスタントおみしる以外にも超強力にぼくが好んでいるお弁当のお伴はこれです。Pirikara


物凄く美味しいです。

ただ難点はオフィスでこれを飲すると部屋中にそこはかとなく懐かしい明洞の食堂の様なかぐわしい香りが残ってしまうことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

鶏が先か卵が先か(2)

思いがけず激励も頂戴したのでホントは昼寝でもしたいところだけれど取り敢えずがんばって進めてみよう~っと。


でまあぼくのバヤイはお湯が先な訳です。インスタントお味噌汁の製法です。
で其処に入れるわけですよ。具を。そして生味噌を。

まあ、具は、いい。

特筆すべきは生味噌ですよ。


この味噌の素などは特にぼくのバヤイは好みでいうと白やあわせなどでは到底満足のいくはずもなく、赤 一本です。
myお椀にナミナミと注いだ熱湯の中に、こう、入れるわけです。搾り出すように。箸などをうまく活用して。赤だしの素を。ぶにゅ~っと。敢えてトグロ状に。


するとどうでしょう。
赤生味噌くんが白湯の中でじんわりと溶けていくその様はまるで

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

鶏が先か卵が先か

ここんとこやたら忙しくて毎日帰宅するとチビすけ達はとうの昔に夢の中~って感じである。朝から晩まで一日中せわしなく動いてもおっつかん程である。
こうも忙しいと昼飯の時間が惜しい。ササッと片付けて会社のPCでネットサーフィンしなきゃ!
…仕事しろ?アホ言え昼休みまで仕事できるかー。

ぼくの毎日の昼食は奥さん手作りの手弁当にインスタント味噌汁。
インスタント味噌汁は各種取り揃えていて、その日のおかずに合わせてその具をチョイスする。今日はワカメを選択した。my椀にお湯 という寸法だ。
ご飯の上には今まではぼくの大好物であるゆかりが振ってあったのであるが、ここのところは白米。これにも各種ふりかけが取り揃えてある。で今日のセレクトはのりたまであった。


インスタント味噌汁の製法。
普通のバヤイはまずお椀に具と味噌を入れその後お湯を注ぐのが一般的であろう。
だが今のぼくのバヤイ湯沸しポットから自分の席までの歩行距離が割とある。こういうバヤイ具と味噌とナミナミのお湯入りのお椀を手に歩を進めるというのはなんだか障害物競走をしているようであんまり面白くない。ちょっとでも湯(味噌入り)が跳ねると床にシミが付き女子社員に顰蹙を買う為である。それが白湯なら乾けば証拠隠滅だ。
だからぼくはまず何も入っていないお椀に白湯を入れる。


あ、お昼の休み時間もう終わりだ。
続きはまた後で書くことにします。書ければの話ですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »