« 大人のロック | トップページ | 男と女 »

2008年3月 6日 (木)

J-160E考

1964j160e
昨年4月に手に入れたギター。それがギブソンJ-160E。
ジョンが生涯愛したギター。それがギブソンJ-160E。
生では悲しいくらい鳴らないギター。それがギブソンJ-160E。
GIBSON J-160E。
嗚呼GIBSON J-160E。J-160E。もうええ。


このギターはピックアップにシングルコイルのP-90を搭載しているのであるが、これが個人的にあまりと言えばあまりに使えない。特定の楽曲(※)を除いて。
(※:確かにビートルズのファーストアルバムでは駆使されているようである。PLEASE PLEASE MEのイントロのベインといったサウンドなど顕著にそれが聴ける。また中期曲で有名なI FEEL FINEのイントロのフィードバックやバッキングはモロにソレである)

このギターの設計のポリシーとして、ピンポイントで本来の意味での「エレアコ」というものを狙っていたようである。いわゆる現在巷でいうエレアコとは本来「アコエレ」であり、はじめに「アコ」ありきなのであるのに反し、J-160Eは初めに「エレ」ありきという意味である。その当時のギターアンプ(しかもエレキ用)で鳴らさんがために。
だからこそハウリングを抑えようとトップを単板でなく合板にしたりブレーシングをエックスでなくラダーにしたりとアコースティック楽器の一番の魅力である筈の部分を潔く捨てエレクトリックを志しているのである。また15フレットジョイントであったりアジャスタブルブリッヂであったりと、同時代のアコースティックギターと比較しても根本的に特殊な仕様となっている。

つまり、アコースティック楽器として鳴りを追求する方向とは全く逆を行っているわけだ。
ちょっと乱暴な言い方をするとギターとしてはいわゆるエレクトリックのフルアコに分類されるのではないか。
しかしホントに鳴らないぞ。生音はCASINOと遜色がない(笑)


でセルターブのライブでこれを使おうとした場合、ちょっと困る。
アンプ(しかもアコースティック用)で鳴らす際にP-90のままではアコースティック楽器として機能しないからだ。前述の通り実質的にエレキとなってしまう。従い本来バンドとしての求める音とズレが生じてしまう。
実際にジョンはレコーディングの際にJ-160Eを使用する場合、ピックアップからの出力ではなくマイク録りで空気感を加味した音作りにこだわっている。


しかしまさしくコレこそジョンの変わりモノ好きの真骨頂と言えはしないか。


敢えてエレキとして設計された生では鳴らないギターを使ってその上で生音でアコースティック楽器としてレコーディングするというこの倒錯ぶり。やはりキレていたのだこの人は。
いやだからこそそれがビートルズの音が特異で唯一無二となった所以であると思う。


で。
セルターブでコレを使用する場合。


となるとどうしても生の音が欲しい。ジョンがアコースティックギターとして使用したあの音に近づきたい。しかもライブで使えなければ意味が無い。でもP-90では違う。
ならばふた昔前のフォークシンガーのようにギターの前にマイクを立てて歌うか。ビートルズバンドとしてルックス的にも物理的にもこれは無理だ。これだけはどうしてもできない。やりたくない。
まさにこれこそビートルズバンドでJ-160Eを使うジョン担当者ならば必ず通る茨の道なのである。


で。
邪道かもしれないがこれにピックアップを増設することを決意。

FISHMAN REP103 RARE EARTH BLEND (フィシュマン レア・アース・ブレンド)

これのセレクトに関してはたけスンと綿密に打ち合わせを行なった。たけスンはバンドの音に関する船頭の役割を担っているからだ。たけスンのゴーが出ない限り僕は決して導入しない。
これはハムバッキング・ピックアップとコンデンサマイクが一体となっておりそのブレンドを行なうことが出来るという優れもの。
セルターブにおいてビートルズのコピーをライブでやる場合、コンデンサマイクで拾うというのが必須条件であったことからこれ以外のピックアップは断じてありえないとたけスンと完全に意見が一致して導入に踏み切った。
ただしブレンドボリュームをマイク側に寄せ過ぎるとすぐハウる。またボディ内部で音を拾うため若干こもりがちな感じの音になってしまうのはどうしても否めない。しかしコンデンサマイクのエアー感はこれ以外のピックアップでは作り出せない。

Fishmanblend結果は、この上なく大正解であった。
見た目もすっきりして不自然な感じが全くない。クールだ。

このピックアップ増設に関してには実はちょっとした企業秘密(?)がある。
ジョーイさんにセットアップをお願いしたのであるが、コントロールノブの操作次第でP-90を活かせるのである。詳細は秘密(笑)



あ、長くなった。
続く(笑)

|

« 大人のロック | トップページ | 男と女 »

コメント

J-160Eのピックアップはホント使えないらしいですね~。
先輩のミュージシャンはフィッシャーマンかなんかのピックアップを後付しました。それは元のピックアップを殺して完全に後付オンリーなんですけどね。その人は特にビートルズフリークというわけでもないようなので(笑)。

「I Feel Fine」はこれだったのですか!ほほぉ~。
勉強になりました~。

投稿: ダイスケ | 2008年3月 6日 (木) 18:09

ダイスケさん。どもども^/^
そうなんす。P90にゃ悩まされたんす。
しかしその先輩、きっとビートルズ大好きの隠れフリークだったんだと思いますよ。余程の思い入れがなければ試奏の段階で絶対に止めてたと思います。それほど鳴りませんから(笑)
ちなみに僕のピックアップもフィッシュマンです。以前はオベーション使いだったのですが、やっぱりどう考えてもビートルズにピエゾの音は合いませんでした(苦笑)

アイフィールファインはコレなんですよ〜。でもどう聴いてもエレキの音でしょ(笑)

投稿: レノすけ | 2008年3月 6日 (木) 19:45

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J-160E考:

« 大人のロック | トップページ | 男と女 »