« 男と女 | トップページ | ようやくファイナル »

2008年3月 7日 (金)

J-160E考(2)

ギターの音色を大きく左右するファクターの一つとして弦がある。


このギターを手に入れたときは楽器店の計らいで真新しい弦が張られていた。ピッカピカのシルバーに輝く弦。そう、ニッケル弦だ。エレキギター用の。1~3弦がプレーンの。
当然といえば当然だ。だってこれはアコースティックな風貌でありながら実質的にエレキギターなのだから。
ピックアップだってそう、エレキ用のP-90なのだから。


そう。

それはそうなのだが。

違うのだ。やっぱり。僕にとっては。


このギターに張る弦については様々な説がある。ネットをちょっと検索しただけでも実に色んな意見が溢れている。ギブソンL-5であるとかダダリオのフラットが良いとかニッケルでなければいけないとか。諸説。それはそれでいい。
確かに、ビートルズが初期の頃、ファーストやセカンドアルバムの頃には間違いなくニッケル弦であっただろう。基本的にピックアップから音を取っていた筈だから。
だけどどうだろう、3枚目のハードデイズナイトあたりからは明らかにアコースティックな音が聴こえては来まいか。
コレはアレだ、やっぱりブロンズ弦の音だ。しかも3弦は間違いなく巻き弦だ。と勝手に確信するのであります。
音に関しては正解なんてない。と思うからであります。この音が好きだと思うことが出来ればそれでよし。と。


先日、恥ずかしながら手に入れて以来初めてこの愛器の弦を交換した。意外と結構持ったなあ。約10ヶ月ぶり。錆も殆どなかったし。この無精者を許しておくれJ-160Eよ。

余談であるがそこでちょっとトラぶった。
新しい弦を張ろうとブリッヂのエンドピンをブスッと挿したところボディ内部に妙な手ごたえが。
触ると何かがプラプラしている。しかもケーブルが頼りなさげにぶら下がっている。何だ?これは?何のパーツだ?
ジョーイさんにエマージェンシーコール。即座にお店に飛んで行き診断を。結果的にこのパーツを留める両面テープが風邪ひいて剥がれかけてたことが判明。同時にコレがアースとわかり新品の両面テープで手際よく固定して下さり事なきを得た。ジョーイさんに感謝。以上余談。


で弦。

そもそも後付けのFISHMANピックアップはアコースティックギター用である事からして、ニッケル弦では矛盾している。音が拾えないわけではないがやはり基本的な使い方が間違っている。プレーン弦が拾われすぎてバランスが悪くなるようだ。やはりアコースティック用ピックアップであるならばブロンズ弦でなければ。
ということでこの数ヶ月、ライブの際に僕はこのFISHIMANでニッケル弦の音を拾っていたことがここでバレるという寸法。まいいや。


で弦。

以前CASINOにエリクサーを張ったところ物凄く具合が良くてそれ以来虜になってしまっているのであるが、それのアコースティック用を選んでみた。

エリクサーはテイラー社が出荷時に標準装備する弦だ。その素晴らしさがここに記されている。この文章はエリクサーの全てを物語っており感動ものである。

でELIXIR。今まで僕が知る中で最高最良の弦である。
錆びないのはもとより音痩せしてこないのが最大の特徴だ。ものぐさ太郎な僕のためのあるようなものではないか。
ただこのELIXIR、いつまでも音が悪くならないので(つまり音が死なないので)、弦の寿命は疲労して切れる時だそうだ。
普通の弦だと張ったそばからだんだん音が死んでいきモコモコになって同時に錆びて切れるかさもなくば我慢ならなくなって終に交換、という道を辿るわけであるがこのELIXIRはそうではない。つまり前触れもなくいきなりキレると。最近の子供みたいだ(笑)
まいいや。となると音に変化がなくてもある時期が来たら交換した方がよさそうだ。ライブ中にキレたらえらい事だからねえ。

で今回はコーティング仕様をNANOWEBにして、エレキ使用時と同等のテンションにしようという意味でゲージはExtra Light( .010 .014 .023w .030w .039w .047w )を選択。次はPOLYWEBや違うゲージも試してみようかと思う。説明書を読むと案外POLYWEBの方がフラットワウンドっぽくて良いかも。


ELIXIRを張ってブリッヂ近くでギョンと鳴らしてRARE EARTH BLENDで拾うという寸法。
これが今のところの僕のベストのJ-160E環境なのである。


また長くなった(笑)
続く(笑)


---
(追記)
先に「悲しいくらい鳴らない」と書きましたが、弦を替えたら見違えるように(聴き違えるように)厚みのある音が出るようになりました。
本体の「鳴り」自体は変化がないのですが、鳴らない所以の一つは弦によるものも大きかったようです。

|

« 男と女 | トップページ | ようやくファイナル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J-160E考(2):

« 男と女 | トップページ | ようやくファイナル »