« みたいな | トップページ | 歳と声 »

2008年3月15日 (土)

rhythm

渡ろうと思ったら点滅が始まった。
場所は名古屋市中区丸の内オフィス街のど真ん中。片側3車線の桜通。
時間帯は夜。サラリーマンの帰宅ラッシュのまっ最中だ。

ふと横を見る。同じ状況下に置かれたOLさん三人組のグループも嬌声を上げながら走りかけている。
前方には今まさに右折しようとせんタクシーの列。
大丈夫。余裕で間に合う。渡りきれる。こんなのは日常茶飯事だ。


と考えたところで気が少しゆるむ。
と同時に身体のある部分もゆるむ。

僕は駆けている。
横にはOL三人組。


「1、2、3、4」 とリズミカルな連続排気音を出力しながら僕は走る。
同時に視界の片隅にOLさん等の視線を僅かに感じる。


渡りきったところでそのまま僕は立ち止まることなく駆け抜けていったことはいうまでもない。

|

« みたいな | トップページ | 歳と声 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: rhythm:

« みたいな | トップページ | 歳と声 »