« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月25日 (水)

初夏の夜の夢

今夜、やっと約束を果たせた。娘らとの。
いや、約束とはいえそれ以上に自分が楽しみにしていたのかも知れない。


「今日、行くぞ」 と仕事帰りに妻に連絡を入れる。
「ン。わかった。途中まで車で迎えに行く」 と妻は応えてくれる。
その後いつもの如く電話が回される。
「行くの?!ヤッタ!」「早く帰ってきなさい」 と次々に受話器から娘らの嬌声が聞こえる。

実は数日前に一度トライしていたのである。ところがその日は見事な失敗に終わった。
何故なら雨が降っていたからだ。根本的に間違っている。
しかも出発する直前にネットでチョチョッと適当に調べ、大体の当たりをつけて無計画に向かうという若干突っ走った感もあった。
今日はそのリベンジともいえる夜となる。会社の先輩から有力な情報も仕入れた。今日を逃せば明日はない。


桑名市内から片道小一時間。
車中で夕食代わりのお弁当を食べながら約束の地へ。
目指すは三重県藤原町のいなべ市立立田小学校

ところで本当にこんな所に小学校あるのか?周り真っ暗だし何もない。
ナビを頼りに程なくして現場に到着する。時刻は20時半。
駐車場が結構埋まっている。ナンバープレートを見ると「名古屋」とか書いてある。うーん?うちと一緒な訳か?

幾人かとすれ違う。すれ違いざま「一杯見れたね」とか聞こえる。期待が高まる。
だがそれ以外人の気配が全くない。さっきの駐車場の車の持ち主達は何処に?
校舎の裏の方からボソボソと声が聞こえる。子供の手を引き近づいてみることにする。
しかしとにかく真っ暗だ。外灯というものがない。足元がちょっと危ない。
話し声の主は小学生の少年だった。真っ暗闇の中先生と話していたようだ。小学生?この時間に?
声をかけてみる。「どこで見れますか?」
彼はしっかりした口調で答えてくれた。「あっちの林のほうに人工川があります。体育館の裏手です。そこへ行けば見れます」
「ありがとう」 とお辞儀をして家族四人でそこへ向かう。ついに、ここまで来た。


「どこだろう?こっちかな?」 と娘達と話していた時に何か光るものが視界の隅を横切った。
錯覚かと思いきやそうではなかった。暗闇に目を凝らしてみる。
その幻想的な光景に、その美しい舞に、僕はただただ立ち尽くしてしまった。
娘達はその光に負けないくらい、目を輝かせている。

大体が前に見たのは今からもう25年前、高校一年生の時のことだ。
当時の記憶なんていい加減なものだからその時どんな風に見えたかどんな舞い方をしていたのか完全に忘れてしまっている。


それにしてもこの世にはこんなにも美しいものがあるんだ。
本当に、夢のような光景だった。
この美しさを言葉にすることは出来ない。心に焼き付けるしかない。


ほんの少しでもいい。
今日この日に体験した何かが残って欲しいと願うばかりである。娘達の心の中に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

深海のYrr

ここ数日。
来ていた。かなり。

一旦読み始めたら最後、読了するまで僕の興味はこれ以外に何もない状態だった。凄い小説だ。
この気持ちを誰かと分かち合いたい。だがそれにはこれを読破することが前提条件となる。


帰りのバスの中での時間潰しに必要な本を探している時だった。
大袈裟にディスプレイされた新刊文庫のコーナーにそれは並んでいた。
まず、帯に惹かれた。瀬名秀明さんの名が目に飛び込んできたのだ。そこには『瀬名秀明氏(作家)驚愕』とあった。
僕にとっては理由としてはこれだけで充分だ。
これは間違いなく買うに値する。この際価格など関係ない。反射的に上巻を手に取る。
上下巻かと思いきや後日上中下巻の超大作だと知ることになる。こうなるとちょっと価格も関係してくるがもう止まらない。止めようがない。

バスに乗り込み着席し、親指を舐め、頁を捲る。
この瞬間が堪らない。チビリそうな感覚だ。
翻訳ものによくある主要登場人物一覧の頁を見る。読むのではない。あくまでも見るにとどめておきたい。何故なら後で何度もここに戻ってくる予感がするからだ。実際その通りになった。
だが図らずもそこに記述されているある人物の肩書きが目に入ってしまう。”SETI(地球外知的文明探査)の研究員” とある。
…何だこれ。アカン、やっぱりヤバいぞこの小説。プンプンにおうぞ。
どうしよう、これは間違いなく僕のストライクゾーンど真ん中だ。サイエンスフィクション好きの。


ストーリーや詳細についてはここでは書くまい。
それにしてもあまりに映画的な小説だ。実際に物語の中に僕の大好きなSF映画のタイトルが登場人物の科白として幾つも登場する。その場面を表すにこれ以上ないというくらいの的確な科白として。その一点においてこの物語が途轍もないリアリティを持って僕に迫ってくるのだ。中でもジョディ・フォスターのあの映画が登場したことはなによりも嬉しかった。
訳者あとがきから少しだけ引用もさせて戴きたい。この一文が全てを物語っていると思うからだ。
『本書は、科学が少々苦手の読者もすっかり科学好きに変えてしまうほどの力を秘めている。それは、物語が最新の科学に裏づけされているからであるのは当然だが、なによりも第一級のエンタテイメント小説であるからだ』
またここには現代という時代が抱えるあらゆる問題が包括されている。個人のアイデンティティの問題から世界規模の環境問題、さらには宗教に至るまで。
そこには絶対神を是とするキリスト教の限界を示し、あらゆる生命との共生を根幹とする仏教の絶対の法則と生命科学、そして宇宙を貫く無限の生命の可能性をも説いている。


ドイツの作家フランク・シェッツィングの作品。
ドイツの小説など読むことはおろか手にすることさえ初めてだ。
文体も非常に好みだ。というより大好きだ。
きめ細かくそれでいて一切無駄のない人物とその背景の描写、同時進行で幾つもの場面が交錯するスピード感。

映画化も決定しているようだ。これ以上ない程の映画的な小説をどんな映像で再構築するのかこれもまた楽しみ。
事実作者自身無類の映画好きだそうで、登場人物は実際の俳優がモデルになっているようだ。そういう感覚も面白い。


それにしても。

これほどの幸福感を味あわせてくれる小説なんて滅多に出会えない。
読んでいる最中も、読み終えた今も。その感覚だけは一貫して変わらなかった。

読んでよかった。


  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

プーに始まりプーに終わる

忙しい毎日ではあるが、だからこそ。
無理矢理にでも時間をこじ開けていかないと色んな物事が前に進んでいかないのである。
流されて損したり後悔するのは自分なのだ。そだね。そそそ。


ところで先週仕事を一日半休んで週末にかけて千葉県に住むネズミさん夫妻に会いに行ってきた。
だが仕事的には一番休んではならない時期にさしかかっており、そこをドドーンと休むのは結構な努力と勇気が実は必要なのであった。
そうまでして会いに行くわけだから楽しまなければ損である。
で結果、総じて非常に楽しかった。

でネズミさん夫妻の住むこの夢と魔法の王国。6月は一年で一番空いているそうだ。
なんせ梅雨時だから。いつ降られてもおかしくない。誰だってそんな時は遠慮がちになる。
ところがまあこういう時に普段の行ないが出るというか何と言うか。
同僚に「それは自分で言う台詞じゃないですよ」と窘められたが日焼けしてしまった程の快晴であった。こりゃやはり普段の行ないの結果に違いない(笑)
こういう我が家における一大イベントが控えていたからこそそれに向けた仕事の調整で多忙を極めていたのは事実ではある。
まあ言ってみれば極論すると休む為に働いているようなものだからそれでいいのだ。


ところで全く違う話になるが少し前から取り組んでいることがある。しかもけっこう真面目に。

新しい楽器の修得である。
四十の手習いだ。


とはいえ以前にこれに取り組んだ経験があるにはある。
しかしその当時僕の奏でるサウンドが僕の意に反しどうやら意外とイケてなかったらしくメンバーやファンに酷評を受けお蔵入りしていた楽器だ。
ただこれにはれっきとした理由があった。

その当時僕はいきなりジョンの使っていたものと同等のドイツ産の上級者向けのソレを入手しており、上級者向けのソレは生半可な練習ではまともな音が出ないことを先日たけスンが解明してくれたのだ。
いかんともしがたいイケてないサウンドを発してしまっていたのは僕のせいじゃなかったのだ。僕の名誉に懸けてここに明記しておきたい。

という事でイケてなかったのを全て上級者向けのソレのせいにして数年ぶりに冤罪を晴らすことが出来た僕は堂々と国産のビギナー向けを購入。
でドキドキしつつ試奏。

やはりそうだ。
今まで出なかったポジションまでちゃんと音が出る。やはり国産トップメーカー。僕のようなものでも分け隔てなく受け入れてくれるのだ。


それにしてもシンプルな楽器である。
その気になれば0歳児にだって奏でることが出来る程のシンプルさ。太鼓などの打楽器系を除きそんな楽器などそうは無いだろう。
そんなシンプルで奏で易い楽器であるにしてもやはり奥が深い。一筋縄ではやはりいかない。でなきゃ楽器たるもの面白くないのだ。


で新学期ならぬ新楽器。
いつになく真面目に取り組んでいる僕であるがこれがまたなかなかに面白くすっかり嵌まってしまっている毎日なのである。少しずつでも巧くなっているような気がして嬉しくなってくる。気のせいかもしれないが。
で新楽器。その小さなボディの割には結構大きい音が出るので仕事から深夜に帰宅した後にはとても練習が出来ない。そんなことをした日にゃ安らかに眠るチビちゃん達を起してしまうことになるからだ。ましてや早朝など以ての外だ。近所迷惑甚だしい。

じゃどうするか。
消去法で導き出された答えは通勤時の車の中になった。但しもちろんマイカーだ。いくら僕でも人の車などで出来るものか。


でこの新楽器。
要は吹いて吸えばいいだけの話。すこぶる簡単だ。
でも難しいんだなあ。一音一音独立した音で綺麗な音を奏でるのは。ましてや感情を乗せるなんてまだとてもとても。


とは言え時間と場所を無理矢理こじ開けてようやく見つけた練習場所だ。
すれ違う車からの視線などかまわない。自転車に乗った女子高生が異音に気付き振り返ってもかまわない。
今の僕にはここしか練習する場所が無いのだ。自分でこじ開けた時間と場所だ。何を恥ずべきことがあろうか。


ということで今の僕の毎日はプーに始まりプーに終わっているのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

一体何なんだ

忙しい。
やたら、忙しい。
先月から、やたら。

ブログの更新などとてもとても といった具合である。
余りの忙しさに夕方くらいから顔がべとべとぬるぬるしてくるし。身体からは時折変なにおいがしてくるし。このまま行くとあてぃこてぃ病みそうな塩梅である。


ま、人生は長いんだし。こんな時期もありますわなあ~。
とりあえず目の前のことをやっつけるのみ。それしか手はないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »