« 安息の場 | トップページ | 古い »

2008年7月22日 (火)

確定

これからこれが毎年恒例の行事となることが確定した。


一度体験させてあげたかったのだ。
本物の海を。


我が娘カノとリノそして同い歳の従姉妹ワカサ。この三人が揃うと最強だ。読んで字の如くまさしく姦し娘。ところでこの「姦しい」語源的には正しくは「囂しい」が正解らしいがんなこたどうでも良い。

でカノリノワカサ。小悪魔三人衆。
彼女らを黙らせるには大人が激昂する以外にない。思い切り感情を露にした時点でようやくあ、この人は怒っているのだと理解されるようである。全く何時まで続くのかこの果てしなき闘争は。まいいや。


で海。

行ってきました。
三重県は津市。御殿場海岸へ。
偶々入った海の家は「みよし」。まあ「みよし」が一杯だったから店のオバチャン公認で隣の「みはま」へ回されましたが。

大人にとって海の最大の楽しみは七輪で食べる貝だ。少なくとも貝好きの僕にとってはこれ以外の楽しみは何もない。
パカッと口を開けたところにちゅーっと醤油を注ぎプルプルの身をハフハフいいながら頬張るこの至福さよ。
堪りません。どれだけでもイケます。


で海。

行ってきました。
子連れで。じいちゃんばあちゃんを巻き込んで。
4歳の子供三人連れて行くわけですからとなると最低でも大人が三人要るわけです。
同時に浮き輪つけて三人の子供が海に入るわけです。子供は自由人ですから勝手気ままに動くのです。僕は当然ながら三つ目なわけではありませんので同時に三人の行方を追うことは物理的に不可能です。二人が限度。
遠浅で溺れることは無いにしてもそれでも視界から消えることは危ない。だが大人で水着を持って来ているのは僕だけ。じいちゃんはラフな上下。この時点でじいちゃん海入り決定。


で半日近く遊んで帰ってきましたが、当初の目的であったチビ達に広大な海を体験させてあげるというこのミッションは完遂。
同時に強烈な日焼け体験も完遂。もちろん子供達には日焼け止めを完全に施しましたがそれ以上に真夏の太陽は強烈でありました。チビらは背中にワンピースの水着の跡クッキリです。大体海に入ると日焼け止めも流れちゃうしね。
じいちゃんと僕は上半身火傷に近い状態です。むーんTシャツ着ておくべきだったか。後悔先に立たず。
余談ですが背中が焼けると車に乗るのがきついです。特にシートが焼けた状態の車は。ちょっと快感ではありますけれど。
今は上半身全体が超痛痒いです。


で海。

ということでこれからこれが毎年恒例の行事となることが確定したのであります。

|

« 安息の場 | トップページ | 古い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確定:

« 安息の場 | トップページ | 古い »