« ポニョ | トップページ | ルーツ »

2008年9月12日 (金)

空の中

根が捻くれているせいか書店の正面にディスプレイされている流行りの本についてはあまり興味を惹かれないというか惹かれないようにしているのであるが、これはちょっと気になった。

角川文庫だ。
手に取る。ちょっとした重量感。
ひっくり返して背中を見る。SFっぽい。
で一頁読む。…買っちゃおう(笑)


先入観無しで取り組むのが一番正しいと思うのだ。須らくおよそ芸術というものは。それが音楽だろうと絵画だろうと物語だろうと。まいいけど。
でこれ。
読んでいくと、所々ン?というような表現が混ざる。こりゃアレか?この作家きっと若い人なんだろうな。感性もそしておそらく実年齢も。
だけど女性とは知らなかった。本名なのかな?そうなんだろうなあ。字面からペンネームだったとしたら何で?という感じだからねえ。
…ああそうか。そうならばあのシーンのあの台詞も頷ける。


前述のン?の表現はそれは個性としていいとして、総じて面白い小説だと思います。SF的には展開がちょっと強引で掘り下げが浅いような気もしますがそれを割り引いても面白かった。充分楽しめました。
何て言うんだろう、読んでいて時々レディースコミックのワンシーンが浮かんでくるような(笑)そんな感じで、基本的に明るくて良いと思います。
巻末に、本編の後日談となる書き下ろしの掌編が収録されていますが、これは作者もマジモードで書いたようで、文学的にも本編とは一線を画し、これだけで素晴らしい作品になっていると思います。


|

« ポニョ | トップページ | ルーツ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空の中:

« ポニョ | トップページ | ルーツ »