« セルフ | トップページ | Which? »

2010年5月 3日 (月)

反省

あまりここにこんなことは書きたくはないのだが、自分への戒めも含め敢えてここに記録しておきたいと思う。


先日の四日市「Last Waltz」さんでのLIVE。
個人的には、若干(というかかなり)悔いが残った。
大事な局面で、幾つかミスをしてしまったからだ。
それもミスするんじゃないかという予感というか前兆みたいなものを感じていた上でのミスであったので尚更だ。避けようにも避けれなかったというか。いや、それは言い訳だ。もしかしたら避けられたのかもしれない。だから余計に情けない。


大事な局面。
それは僕のギターが前面に出る曲で、あろうことか左腕から指が演奏中につってしまい、それ以降まともにコードが押さえられなくなってしまったのだ。


LIVE中、なかんずく演奏中。
集中して良いパフォーマンスを成し遂げようとするときに、何より大切なのは心のありようだ。意志の力だ。
音楽を「Play」するときに、何よりも必要なのは集中力と注意力を妨げる因子を心から排除することなのだ。それが不安因子であれば尚更のことだ。


余談だが僕が演奏に向きあう上でもはやバイブルとなっている一冊の書がある。
バリー・グリーンさん、ティモシー・ガルウェイさん共著の「演奏家のための「こころのレッスン」―あなたの音楽力を100%引き出す方法」という本だ。
これは、スポーツの分野で多くのトップアスリートたちに用いられている「インナー・ゲーム」という手法を音楽に大胆に応用した画期的な書である。
そこには要約だがこうある。

---
良い音楽を演奏しようとした時に、何か心に一つでも引っかかっているものがあると、音楽に集中する余力はその時点で50%に落ちる。

【集中度:100%=音楽:100%】
【集中度:100%=不安な要因:50%+音楽:50%】

つまりたったの一つでも演奏以外のことに気を散らしてしまうだけで、パフォーマンスは見事に半減してしまうのだ。もしそれが二つ以上なら、良い演奏など出来るはずがないところまで集中力というものは落ち込んでしまう。
例えば、
【集中度:100%=退屈:35%+自信あり気に見せる:15%+過去の成功:15%+LIVE後の食事:10%+音楽:25%】
というように。

もちろん私たちは、音楽のみならず何かに取り組むとき、「気を散らす」ことがいかに危険かよく知っている。
しかし私たちは一体どのくらいの頻度でそのことについて考え、実際に音楽に集中して邪魔者を避けようと本気で行っているでしょうか…
---


この本で、面白いと思った部分が数多くある。
なかでも、音楽とはスポーツに共通している部分がとても多いと言う考え方だ。
そもそも両者共に「Play」するということにおいて。そしてどちらも基本的に観客の前で演技されるということにおいても。

アスリートたちが競技に向かう直前に集中を高める行為とその姿勢は、僕たちミュージシャンも真摯に学ぶべきだ。ただそれは無論、楽しく演奏するために。悲壮感とは違う。
だが音楽を「Play」することに対して、いい加減な姿勢でLIVEに取り組んで、いい演奏ができるとは僕は思えない。


僕は演奏中に指がつってしまった。もうそれは仕方ない。百歩譲って。
僕がギターのコードが押さえられなくなった理由の一つ。それは本当に腕の筋肉が痙攣してしまいどうにもならなくなったためだ。
だがまだ大きな理由がある。実はこちらの方が厄介だったのだ。


腕の痙攣は時間の経過とともに回復したのだが、僕の中に、もしかして又つるんじゃないかという恐怖心が芽生えてしまったことなのだ。そう。つまり腕がつってしまった瞬間に僕は言わばパニックになってしまった。一瞬でも心が折れてしまったのだ。
だからそれが演奏に大きく作用し、情けないことにそれ以降のステージまで引きずってしまった。
これはカッコ悪いこと甚だしい。だからこんなところで書きたくはなかったのだが。まあここまで書いてしまったのだから諦めて続けよう(笑) 戒め戒め。


で。

あ。

なんかスッキリした。ここまで書いて(笑)
腕がつるのはもしかしたら筋力の衰えつまり老化のせいかとか練習不足のせいとか色々後悔して悶々としておったのです。ここ二日。
たしかに、その通りでしょう。まずはギターの自主トレ&筋トレするしかないでしょう。
悶々としてたって何も変わりませんでねえ。

そしてあとは、恐怖心に如何に打ち勝つか。
今回の筋肉のつりという具体的なことだけじゃなく、色んな局面で。

やっぱり、意志の力だ。


LIVEというものは、文字通り生きものです。
余計なことに囚われず、心の底から満足出来るLIVE演奏を目指して、また今日より精進してまいりたいと思います。


恥ずかしいことを書いてしまいました。
このような情けないバンドマンですが、今後もどうか温かくお見守り下さい。すみません。

|

« セルフ | トップページ | Which? »

コメント

先日はお疲れ様でした。
手がつったのは判っていましたが、そんな心の葛藤があったとは知りませんでしたよ!
自分もいつもステージが終わる度に自分のパフォーマンス(といっても知れていますが・・・)が思うように発揮出来ずに自己嫌悪に陥っていたものですが、ただ悶々とするだけで実際に何かを変えようとか具体的に考えていなかったと思いました。
自分も早速“こころのレッスン”読んでみようと思います、いい話をありがとう!

投稿: そうちゃん@Buddy | 2010年5月 4日 (火) 09:50

そうちゃん

ありがとうございます。
勿体ないお言葉、お恥ずかしいです。でも共感して下さり嬉しいです。
そうちゃんとは、ずっと切磋琢磨出来る良いライバル関係でいたいと思っています。本当にそう思います。
お互い、刺激しあいながらジョン道を究めて参りましょう!

ところでこの本はかなりオススメです。
どちらかというとクラッシック寄りの内容ではありますが、目から鱗状態になりますよ(笑)
音楽のみならず、実生活や仕事にも応用できちゃいますからお得です(笑)

投稿: レノすけ | 2010年5月 4日 (火) 21:55

それって、ホントすごく分かります。
僕もライブ中に、何故か心が折れることを何度か経験したことがあります。
自分のパフォーマンスレベルのことや、全く関係ない仕事のことが突然心をよぎって、その後の歌詞や運指が飛んで真っ白になることがあるんです。
その後は、また間違えるんじゃないかという恐怖で負のスパイラルへ・・汗

これって僕の場合、集中(もともと集中力ないので)というよりは、音楽、ライブを楽しんでしないということなんじゃないか、と思います。
変な気負いは敏感に音に出ますし、何よりもお客さんに楽しさとして伝わらないですね。
ポールはステージで目一杯楽しんでいるから、あのエネルギーが伝わるのかなと。
僕の場合は、常に笑いながら、あのポール先生のオーバーアクションも一緒にコピーして頑張ります。

投稿: ダン・コレステ | 2010年5月 5日 (水) 10:43

ダン・コレさん

ありがとうございます。
そうですね。上手くいったりいかなかったりする時って、存外その時の精神状態(心の状態)で大きく左右されてたりします。振り返って考えてみると。
その時の体調や他の技術的な面もファクターとして関わってはきますが、ウエイトとしたらやっぱりメンタル面の方が大きいんじゃないかと思います。それを上手くコントロールできたら全然違ってくると思うんですよねえ。
もちろん、技術的な練習や体調管理をしっかりした上での話ですけど。
精神面のトレーニングって、眼に見えないので見落とされがちだけどかなり重要だと思うのです。

投稿: レノすけ | 2010年5月 5日 (水) 11:10

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反省:

« セルフ | トップページ | Which? »