仕事面

2015年12月10日 (木)

序文について。血迷ったかと誰しも思う。(エピソード2)

(承前)

更に更に更に先輩は続ける。
「そしたら会長さ、『あいつ忙しいみたいでよ、しばらく海外におって2ヶ月くらい日本に帰ってこんらしい』って言うんだわ」
「えっ!?マジで電話かけたんですか!…ってどこにかけたんだろう(笑)」
「だろ?俺本気で思ったよ。このオッサン、完全に正気失っとるってね(笑)」
「そりゃ思いますよね(失笑)」


そうなのだ。
幾らなんでも無謀過ぎる。

例え幾ら苗字が同じであったとしてもだ。

もしかしてこりゃアレか?ここまで来たら天然の域を軽く通り越して最早いわゆるあのミッドライフクライシスの末期症状か?


そして更に先輩は続ける。
「で俺さ、思い切って会長に聞いたったんだわ。『どこに電話かけたんですか?』って(笑)」
「ふんふん(笑)」
「そしたら会長『あいつの事務所に決まっとるがや』ってさ(笑)」
「(笑)」


ここまで来て先輩は思ったそうだ。

このオッサン。
どうやらイッちゃってるわけでも正気を失い血迷っているのでもなさそうだ、と。
どうやら、限りなくマジだと。
しかし、言うに事欠いて、かの文豪をあいつあいつって(笑)


そしてこれが極めつけ。
先輩は、こんな衝撃的な言葉を発したのだ。


「そしたら会長が言うんだわ。『さっきからなに言っとんだ、あいつは俺の甥っ子だかや』ってさ」
「エエェーーーーーッ!!!」


普段通りのなんでもない昼休みの時間帯に余りと言えばあまりに衝撃的なエピソードである。
僕は食べかけのお弁当を喉に詰まらせそうになってしまった。


つまり。


M会長とMH氏は叔父と甥という立派な血縁関係にあり、要するに"叔父ちゃん・Hちゃん"の間柄というわけだ。
…ってこたお年玉あげてたってことすか!?


で続きを聞く。
「何でもさ、このM会長さ、今まであちこちで講演をしてきたらしいんだけどさ、前に一回頼んだことあるらしいんだわ、公演の。前座を。MHに(笑)まだ売れるずっと前のことらしいんだけど」
「へぇ〜(笑)」
ここまで来たらもう何を言われても驚きませんぜ(笑)

で先輩は続ける。
「でさ、MHがさ、『僕は文章を書くのは得意ですけどしゃべるのは苦手なので叔父さんお願いだから勘弁してください』って断ったらしいんだよね」
「ムハハッ(笑)」


ここまで聞いたしまったら。
僕、その自叙伝、買います(笑)


序文だけでも読みたい(笑)


(追記)
文中、M会長様対しましては大変失礼な言動があったことをお詫び申し上げます。
断じて誹謗中傷の意図があったわけではありません。
むしろ会長の慈愛のこもった言動に、人間としての会長の器の大きさを感じ入った次第であります。
お詫びの代わりに、その自叙伝、MH氏の序文がもし実現したならばわたくし自腹で買いますので、どうか直筆のサイン付きにして下さい(笑)


----------------
(後記)
どうやらMH氏の筆による序文は実現しなかったようですし、記事を書いてからかなりの時間が経っておりますので、まあ時効という寸法で(笑)ここに公開させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

序文について。血迷ったかと誰しも思う。(エピソード1)

5年以上前に書いて、そのままアップするのを忘れていた記事を上げます。
いわゆるひとつの未発表作品(笑)となります。
それではどうぞ♬


---------------
今日、会社の先輩と昼休みにこんな会話をした。


この先輩と僕とは音楽や文学の好みが似通っており、よくマニアックな話題で盛り上がったりする。話の上手い先輩だ。

「ダイチャン(僕の事だ)さ、〇〇のMさんって知っとる?」
「ええ、知ってますよ。社長さんでしたっけ?」
「うん、まあ今は会長なんだけどね」
「ああそうですか」
とまあこんな感じである。


先輩は続ける。
「でさ、そのM会長にさ、昨日会ったんだわ」
「ええ」
「そしたら会長がさ、これがまた唐突なんだけど、"私の半生"みたいなテーマで自叙伝を書いたらしくてさ、近いうち自費出版するらしいんだよね」
「へぇ~」


ここまではまあ、よくある話である。
件のM会長には僕は一度しかお目にかかった事はないが、その業界では結構名の通った有力者で、大御所とも言うべき人物である。


で先輩は続ける。
「それでさ、会長せっかく初めての自叙伝を出すんだから序文を誰かに書いて貰おうと思ったみたいでさ」
「ふんふん」
「それでさ、その序文をさ、MHに頼もうとしたらしいんだわ」
「!」


MH?
そう。あの、MHである。


更に先輩は続ける。
「それでさ、会長さ、『お前MH知っとるか?』って俺に聞くんだわ」
「!(笑)」
「俺ビックリしてさ(笑)、会長に言ったったんだわ。『MHって言ったら、****賞の候補に毎回なるくらいのベストセラー作家ですよね?そりゃ知ってますよ』ってね」
「ふんふん(笑)」
「そしたら会長『何だ知っとるんか、あいつそんなに有名なんか』みたいな感じでさ(笑)笑っちゃうだろ?でも冗談にしても突拍子もなさすぎて俺笑っていいもんか分からんくなっちゃってさ(笑)」
「ハハハッ」


ところが、である。
この辺から話は途端に急展開を見せるのである。


更に更に先輩は続ける。
「そしたら会長さ、電話かけたって言うんだわ」
「?」
「MHに」
「…!?!!!」


ここまで話して流石に先輩、この会長どうやら冗談言っとるわけじゃなさそうだと気付き、そして思ったそうだ。
(このオッサン、遂にイッちゃったか?)
と。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

新・深夜の闘争(1)

例えば深夜と呼べる時間帯まで残業したとして、平常時と何ら変わらず尿意は訪れるのであります。

何しろ残っているのは自分独りだけなわけだから、仮にその辺で用を足したとしてもその時は誰にも文句は言われないに違いないのは必至だとしても翌朝には最重要容疑者扱いになるに違いないのもまた同時に必至なのであります。

何れにしてもいい大人なので尿意に抗うことなどさっさと諦めてさっさと厠へ向えばいいのは百も承知なのでありますがそうもさっさとはいかない大人の事情ってものがあるっちゃあるのであります。


出るんです。


出るっても尿じゃなくて。


ただでさえ無人の筈の上のフロアから誰かがドシドシ歩く的なサウンドが聞こえて来たり、僕の名前をハッキリ呼ばれて振り返ると誰も居なくてよくよく考えたらその声の主はいま海外出張に行っていることを思い出したり、用を足している真っ最中に厠の外の廊下から「バサっ」と何かが落ちる的なサウンドが聞こえたりとそれはそれはホーンデッドマンション的側面満載な工場なのでありまして、然るに深夜に独り厠へ足を運ぶという行為などそれはそれは出来ることなら避けて通りたいイベントの最上位にランキングされるそれはそれはな超一大イベントなのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

空耳アワー

今日、職場の机の後ろの方で若い子が「…ええ、フェイスブックです。書いたるんですわ。フェイスブックの何ページ目かにその値段で書いたったんですわ!」 と電話で喋っているのが聞こえてきました。


決してIT系ではない我がオフィスで白昼堂々フェイスブックについて語るとは、なかなかのツワモノ と思い聞くともなく背中で聞いていると、どうやら書いてあったのは「フェイスブック」ではなく「建設物価」のようでありました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

新入

仕事上、名刺交換をする機会が多い。


名刺を貰うと僕は、そこに色々と情報を書き込むようにしている。
もちろん、面会が終わって自分の席に戻ってからの事だ。相手の目の前でなんて、失礼ですからね。んなこた出来ません。

まあ名刺なんて、言ってみれば紙切れだ。
溜まってくると、名刺と本人の関連性など余程印象が強い人でなければ片っ端から忘れてしまう。
だから備忘録として何かをそこに残す。


で何を書き込むか。

先ずは貰った日付。基本中の基本。
それから、携帯電話番号。お互い出先の時は役に立つ。あわよくば携帯メールも。まず仕事上では必要ありませんが。
それから雑談なんかしてプライベートな情報を教えてくれたりした時はその情報も書いておく。
また相手が珍しい苗字だったりする時は出身地もプチ情報になる。


だが。
僕の場合決して忘れてならない重要な記載事項がある。


似顔絵だ(笑)


この似顔絵、我ながらなかなかイケてるんじゃないかというような画を描けた時などは、一週間くらいデスク上に飾っておくことも少なくない(笑)


先日、仕入先の年輩の方が若いお兄ちゃんを連れてやって来た。
聞けば今月入社したばかりの新入社員だという。名刺の渡し方もぎこちなく、微笑ましい(笑)
早速、顔の記憶が新鮮なうちに書いておく。彼の似顔絵を。
で脇に"新入社員"と書き添えておく。


今回の似顔絵の出来は最近稀に見るくらいの仕上がりで、まるでモンタージュなみのレベル(笑)
そして自動的に机上ギャラリーに展示された(笑)


で数日経って展示期間を満了し、彼の名刺を片付けようとした時、何か違和感があった。


似顔絵は文句なしの出来だ。
ただどうも脇書きがなんか変なのだ。


よーく字面を見ると、そこには"新入社員"でなく"新入社長"と書いてあった。


…新入社長て(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

オッサンサウンド

会社帰りのバスの中のこと。
賛否両論論の続き。


三重交通の高速バス。
22時を回ると流石に車中は空いていると思うかもしれませんが、いやいやどうして。結構な混み具合なわけです。満席に近くなります。サラリーマンなかんずくオッサンの軍団で。まあ不本意ながら僕もそれに含まれるわけですが。
時間も時間だから、酔っぱらいのオッサンも増えてきます。特に週末にもなると。
僕の場合単純な残業ですけど。


で昨夜。
会社帰りのバスの中のこと。
僕の後ろにオッサンが座った。
見るからにオッサンらしいオッサンだ。


バスが出発して最初、オッサンは何をなさったか。
ガムを噛み始めたのだ。クッチャクッチャクッチャクッチャ、と。
時々、ウーイという溜息なのか何なのか分からない声も発する。
クッチャクッチャクッチャクッチャウーイだ。
クッチャクッチャクッチャクッチャ、で、ウーイです。
で、クッチャクッチャクッチャクッチャウーイだ。


僕は読書に集中しようとしたがどうにもそのサウンドが気になってしまい集中出来ない。
結局読書は諦めケータイをプチプチすることに切り替える。
最近mixi版まちつくが伸び悩んでいるのだなあ。

そのうちオッサンは静かになった。寝たのかもしれない。
ようやく安心した僕は再び読書に戻る。
坂の上の雲。司馬遼太郎さん。
だんだん面白くなってきて今めっちゃいいとこなんだよなあ。


そのうちオッサンはイビキをかき始めた。
これはまあ、お決まりのパターンだ。諦める。読書に集中する。
すると今度は僕のお腹が微かに鳴った。
そういや残業しながらお菓子をパクついただけで他には何も食べていない。昼飯食べてからゆうに10時間を経過しているのだから無理もない。ああお腹すいた。


すると唐突にオッサンが新たなサウンドを発した。


ゲップだ。
寝ゲップだ。
エ゙ゥ゙ー的な。サウンドだ。


エ゙ゥ゙ー的なサウンドだけならいい。
まだいい。

どうやら後部座席のオッサンはつい先程ニンニク系の何かを食したらしく、座席の隙間から強烈な臭気が僕を襲う。
不覚にも僕のお腹が又鳴る。
嗚呼、餃子食べてえ。
僕は不覚にも率直にそう思う。
切に、そう思う。


程なく僕の降りるバス停が近づいてくる。これでオッサンからようやく開放されるというわけだ。
だがオッサンは最後に、究極ともいうべき最終兵器を温存させていたのだ。


オッサンは放屁した。

それはそれは小気味よい程清々しい乾いたサウンドだった。
ほど好く力の抜けた、それでいて充分な音圧を持つ堂々としたサウンドだった。


30分ほどのバスの旅。
もはやアーティストと呼ぶに相応しいオッサンは、己の肉体を駆使し実に様々なサウンドで僕を翻弄してくれた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

僕はビートルズ

「ダイチャン、マンガとか読む?」

会社の先輩がふらりと僕の席に来てこう言った。
定時は回っていたので直接仕事とは関係ない話だろうと察しはついたがあまりに脈絡がなかったので、一瞬返答に困ったが僕はこう答えた。「ええ、まあ割と読みますね」
軽く頷いた先輩はじゃあと僕にマンガ雑誌を一冊渡してくれた。
表紙はあの、かわぐちかいじ氏である。


かわぐちかいじ氏といえば「沈黙の艦隊」や「ジパング」である。
「沈黙の艦隊」は恥ずかしながら全巻揃えている(笑)片や「ジパング」は途中で挫折して今に至っている(笑)


であの、かわぐちかいじ氏である。

なんと今度はビートルズである。
タイトルはズバリ「僕はビートルズ」!

今日3/11発売の週間モーニング。
ビートルズ好きや、かわぐちかいじ好きなら必見である。


先輩には一読した後返さざるを得なかったので、思わず帰りに一冊買ったわさ(笑)
この僕がわざわざマンガ雑誌買うなんてここ10年以上なかった快挙です。
子供が生まれてからこの方喫茶店もあまり行かなくなったからなあ。まあ記念にということで(笑)


ただし来週からは立ち読み確定ですが(笑)

News_large_20100311morning2

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年2月16日 (月)

エアーチョコ

今朝オフィスに出社すると社の女の子がニコニコしながら寄ってきたので「なに?チョコ?」と聞くと「え?あ、いやあの、じゃこれ」といって目には見えないそれを僕に手渡した。
「これは本命ですか?」と僕が尋ねると彼女は「ええ、私は妻子ある人にしか本命は渡しませんから」と言うので「わかりました。しかと受け取ります」と僕は答えた。

 

 

嗚呼エアーチョコ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

プーに始まりプーに終わる

忙しい毎日ではあるが、だからこそ。
無理矢理にでも時間をこじ開けていかないと色んな物事が前に進んでいかないのである。
流されて損したり後悔するのは自分なのだ。そだね。そそそ。


ところで先週仕事を一日半休んで週末にかけて千葉県に住むネズミさん夫妻に会いに行ってきた。
だが仕事的には一番休んではならない時期にさしかかっており、そこをドドーンと休むのは結構な努力と勇気が実は必要なのであった。
そうまでして会いに行くわけだから楽しまなければ損である。
で結果、総じて非常に楽しかった。

でネズミさん夫妻の住むこの夢と魔法の王国。6月は一年で一番空いているそうだ。
なんせ梅雨時だから。いつ降られてもおかしくない。誰だってそんな時は遠慮がちになる。
ところがまあこういう時に普段の行ないが出るというか何と言うか。
同僚に「それは自分で言う台詞じゃないですよ」と窘められたが日焼けしてしまった程の快晴であった。こりゃやはり普段の行ないの結果に違いない(笑)
こういう我が家における一大イベントが控えていたからこそそれに向けた仕事の調整で多忙を極めていたのは事実ではある。
まあ言ってみれば極論すると休む為に働いているようなものだからそれでいいのだ。


ところで全く違う話になるが少し前から取り組んでいることがある。しかもけっこう真面目に。

新しい楽器の修得である。
四十の手習いだ。


とはいえ以前にこれに取り組んだ経験があるにはある。
しかしその当時僕の奏でるサウンドが僕の意に反しどうやら意外とイケてなかったらしくメンバーやファンに酷評を受けお蔵入りしていた楽器だ。
ただこれにはれっきとした理由があった。

その当時僕はいきなりジョンの使っていたものと同等のドイツ産の上級者向けのソレを入手しており、上級者向けのソレは生半可な練習ではまともな音が出ないことを先日たけスンが解明してくれたのだ。
いかんともしがたいイケてないサウンドを発してしまっていたのは僕のせいじゃなかったのだ。僕の名誉に懸けてここに明記しておきたい。

という事でイケてなかったのを全て上級者向けのソレのせいにして数年ぶりに冤罪を晴らすことが出来た僕は堂々と国産のビギナー向けを購入。
でドキドキしつつ試奏。

やはりそうだ。
今まで出なかったポジションまでちゃんと音が出る。やはり国産トップメーカー。僕のようなものでも分け隔てなく受け入れてくれるのだ。


それにしてもシンプルな楽器である。
その気になれば0歳児にだって奏でることが出来る程のシンプルさ。太鼓などの打楽器系を除きそんな楽器などそうは無いだろう。
そんなシンプルで奏で易い楽器であるにしてもやはり奥が深い。一筋縄ではやはりいかない。でなきゃ楽器たるもの面白くないのだ。


で新学期ならぬ新楽器。
いつになく真面目に取り組んでいる僕であるがこれがまたなかなかに面白くすっかり嵌まってしまっている毎日なのである。少しずつでも巧くなっているような気がして嬉しくなってくる。気のせいかもしれないが。
で新楽器。その小さなボディの割には結構大きい音が出るので仕事から深夜に帰宅した後にはとても練習が出来ない。そんなことをした日にゃ安らかに眠るチビちゃん達を起してしまうことになるからだ。ましてや早朝など以ての外だ。近所迷惑甚だしい。

じゃどうするか。
消去法で導き出された答えは通勤時の車の中になった。但しもちろんマイカーだ。いくら僕でも人の車などで出来るものか。


でこの新楽器。
要は吹いて吸えばいいだけの話。すこぶる簡単だ。
でも難しいんだなあ。一音一音独立した音で綺麗な音を奏でるのは。ましてや感情を乗せるなんてまだとてもとても。


とは言え時間と場所を無理矢理こじ開けてようやく見つけた練習場所だ。
すれ違う車からの視線などかまわない。自転車に乗った女子高生が異音に気付き振り返ってもかまわない。
今の僕にはここしか練習する場所が無いのだ。自分でこじ開けた時間と場所だ。何を恥ずべきことがあろうか。


ということで今の僕の毎日はプーに始まりプーに終わっているのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

一体何なんだ

忙しい。
やたら、忙しい。
先月から、やたら。

ブログの更新などとてもとても といった具合である。
余りの忙しさに夕方くらいから顔がべとべとぬるぬるしてくるし。身体からは時折変なにおいがしてくるし。このまま行くとあてぃこてぃ病みそうな塩梅である。


ま、人生は長いんだし。こんな時期もありますわなあ~。
とりあえず目の前のことをやっつけるのみ。それしか手はないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)