日常的一コマ面

2015年12月10日 (木)

序文について。血迷ったかと誰しも思う。(エピソード2)

(承前)

更に更に更に先輩は続ける。
「そしたら会長さ、『あいつ忙しいみたいでよ、しばらく海外におって2ヶ月くらい日本に帰ってこんらしい』って言うんだわ」
「えっ!?マジで電話かけたんですか!…ってどこにかけたんだろう(笑)」
「だろ?俺本気で思ったよ。このオッサン、完全に正気失っとるってね(笑)」
「そりゃ思いますよね(失笑)」


そうなのだ。
幾らなんでも無謀過ぎる。

例え幾ら苗字が同じであったとしてもだ。

もしかしてこりゃアレか?ここまで来たら天然の域を軽く通り越して最早いわゆるあのミッドライフクライシスの末期症状か?


そして更に先輩は続ける。
「で俺さ、思い切って会長に聞いたったんだわ。『どこに電話かけたんですか?』って(笑)」
「ふんふん(笑)」
「そしたら会長『あいつの事務所に決まっとるがや』ってさ(笑)」
「(笑)」


ここまで来て先輩は思ったそうだ。

このオッサン。
どうやらイッちゃってるわけでも正気を失い血迷っているのでもなさそうだ、と。
どうやら、限りなくマジだと。
しかし、言うに事欠いて、かの文豪をあいつあいつって(笑)


そしてこれが極めつけ。
先輩は、こんな衝撃的な言葉を発したのだ。


「そしたら会長が言うんだわ。『さっきからなに言っとんだ、あいつは俺の甥っ子だかや』ってさ」
「エエェーーーーーッ!!!」


普段通りのなんでもない昼休みの時間帯に余りと言えばあまりに衝撃的なエピソードである。
僕は食べかけのお弁当を喉に詰まらせそうになってしまった。


つまり。


M会長とMH氏は叔父と甥という立派な血縁関係にあり、要するに"叔父ちゃん・Hちゃん"の間柄というわけだ。
…ってこたお年玉あげてたってことすか!?


で続きを聞く。
「何でもさ、このM会長さ、今まであちこちで講演をしてきたらしいんだけどさ、前に一回頼んだことあるらしいんだわ、公演の。前座を。MHに(笑)まだ売れるずっと前のことらしいんだけど」
「へぇ〜(笑)」
ここまで来たらもう何を言われても驚きませんぜ(笑)

で先輩は続ける。
「でさ、MHがさ、『僕は文章を書くのは得意ですけどしゃべるのは苦手なので叔父さんお願いだから勘弁してください』って断ったらしいんだよね」
「ムハハッ(笑)」


ここまで聞いたしまったら。
僕、その自叙伝、買います(笑)


序文だけでも読みたい(笑)


(追記)
文中、M会長様対しましては大変失礼な言動があったことをお詫び申し上げます。
断じて誹謗中傷の意図があったわけではありません。
むしろ会長の慈愛のこもった言動に、人間としての会長の器の大きさを感じ入った次第であります。
お詫びの代わりに、その自叙伝、MH氏の序文がもし実現したならばわたくし自腹で買いますので、どうか直筆のサイン付きにして下さい(笑)


----------------
(後記)
どうやらMH氏の筆による序文は実現しなかったようですし、記事を書いてからかなりの時間が経っておりますので、まあ時効という寸法で(笑)ここに公開させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

序文について。血迷ったかと誰しも思う。(エピソード1)

5年以上前に書いて、そのままアップするのを忘れていた記事を上げます。
いわゆるひとつの未発表作品(笑)となります。
それではどうぞ♬


---------------
今日、会社の先輩と昼休みにこんな会話をした。


この先輩と僕とは音楽や文学の好みが似通っており、よくマニアックな話題で盛り上がったりする。話の上手い先輩だ。

「ダイチャン(僕の事だ)さ、〇〇のMさんって知っとる?」
「ええ、知ってますよ。社長さんでしたっけ?」
「うん、まあ今は会長なんだけどね」
「ああそうですか」
とまあこんな感じである。


先輩は続ける。
「でさ、そのM会長にさ、昨日会ったんだわ」
「ええ」
「そしたら会長がさ、これがまた唐突なんだけど、"私の半生"みたいなテーマで自叙伝を書いたらしくてさ、近いうち自費出版するらしいんだよね」
「へぇ~」


ここまではまあ、よくある話である。
件のM会長には僕は一度しかお目にかかった事はないが、その業界では結構名の通った有力者で、大御所とも言うべき人物である。


で先輩は続ける。
「それでさ、会長せっかく初めての自叙伝を出すんだから序文を誰かに書いて貰おうと思ったみたいでさ」
「ふんふん」
「それでさ、その序文をさ、MHに頼もうとしたらしいんだわ」
「!」


MH?
そう。あの、MHである。


更に先輩は続ける。
「それでさ、会長さ、『お前MH知っとるか?』って俺に聞くんだわ」
「!(笑)」
「俺ビックリしてさ(笑)、会長に言ったったんだわ。『MHって言ったら、****賞の候補に毎回なるくらいのベストセラー作家ですよね?そりゃ知ってますよ』ってね」
「ふんふん(笑)」
「そしたら会長『何だ知っとるんか、あいつそんなに有名なんか』みたいな感じでさ(笑)笑っちゃうだろ?でも冗談にしても突拍子もなさすぎて俺笑っていいもんか分からんくなっちゃってさ(笑)」
「ハハハッ」


ところが、である。
この辺から話は途端に急展開を見せるのである。


更に更に先輩は続ける。
「そしたら会長さ、電話かけたって言うんだわ」
「?」
「MHに」
「…!?!!!」


ここまで話して流石に先輩、この会長どうやら冗談言っとるわけじゃなさそうだと気付き、そして思ったそうだ。
(このオッサン、遂にイッちゃったか?)
と。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

新・深夜の闘争(1)

例えば深夜と呼べる時間帯まで残業したとして、平常時と何ら変わらず尿意は訪れるのであります。

何しろ残っているのは自分独りだけなわけだから、仮にその辺で用を足したとしてもその時は誰にも文句は言われないに違いないのは必至だとしても翌朝には最重要容疑者扱いになるに違いないのもまた同時に必至なのであります。

何れにしてもいい大人なので尿意に抗うことなどさっさと諦めてさっさと厠へ向えばいいのは百も承知なのでありますがそうもさっさとはいかない大人の事情ってものがあるっちゃあるのであります。


出るんです。


出るっても尿じゃなくて。


ただでさえ無人の筈の上のフロアから誰かがドシドシ歩く的なサウンドが聞こえて来たり、僕の名前をハッキリ呼ばれて振り返ると誰も居なくてよくよく考えたらその声の主はいま海外出張に行っていることを思い出したり、用を足している真っ最中に厠の外の廊下から「バサっ」と何かが落ちる的なサウンドが聞こえたりとそれはそれはホーンデッドマンション的側面満載な工場なのでありまして、然るに深夜に独り厠へ足を運ぶという行為などそれはそれは出来ることなら避けて通りたいイベントの最上位にランキングされるそれはそれはな超一大イベントなのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

タイムスリップ

何の脈絡もありませんがここだけの話、わたくし山本大介は本日、タイムスリップを体験しました。
時間旅行です。戦国自衛隊です。ということで今日から僕はタイムトラベラーの一員です。

正直こんなところに書いちゃっていいものかどうか実のところ自信はありませんが、僕の身に突然降りかかったこの衝撃の事実を誰かと共有したい、という使命感に燃えて意を決してここに発表させて戴く次第です。


ことの顛末はこうです。

今朝、特にこれといった理由もなく変な時間に目が覚めてしまった僕は、寝ぼけ眼でしたが確かに時計の針を読んだのです。時計の針は間違いなく「4時50分」を指しておりました。
でもたまには早起きもいいかな?と思った僕は身体の向きを替え、起き上がる前に一回、比較的ゆっくりまばたきをしたのです。

するとどうでしょう!!!!!(°∀°)!!!!!

たった一回だけのまばたきの間に、何と二時間も経っていたのです!!!!!次に目を開いた時には時計の針は6時50分を指しているではありませんか。

まさにこれはタイムスリップ!!!!!(°∀°)!!!!!


普通まばたきの時間というものはコンマ何秒の世界だと思いますが、今朝は比較的ゆっくりまばたきしたのでそのコンマ何秒からせいぜい数秒というわずかな時間の内に何と僕は二時間という長い時間を旅した計算になるのであります。


この衝撃のタイムスリップの事実を本来ならば「ニュートン」や「サイエンス」「ネイチャー」といった科学情報誌に論文として正式に発表すべきことが学識者としては筋だとは思いますが、いち早くこちらで発表させて戴く決意を固めました。


付け加えておきますと早起きして余裕綽々になるはずだった僕の朝のひとときは、タイムスリップのお陰で全く余裕のない慌ただしい朝となったことは言うまでもありません。

タイムスリップ・・・恐るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

県警本部なう♪

昼休みに外で一服していたら、歩道の植え込みに財布が落ちているのを見つけました。

それは触るのも憚られるくらいグッショリと濡れた男ものの長財布で、そのまま捨てておこうかとも思いましたが、妙に気になり思わず手を伸ばして拾い上げました。

思った通り金目のものは全て抜き取られており(残念ながら。もちろん落としたご本人の気持ちに立った上でです)、一応濡れそぼった長財布の中身を確認してみたところ出てくるわ出てくるわ色んなものが。

免許証あり預金通帳ありSuicaあり給与明細ありサウナの会員証あり、その他諸々。

それはそれは非常に生活感溢れる財布の中身であり、きっと落とした(もしくはまず間違いなく引ったくられたかスられた)持ち主のお方の人柄まで感じられ、何とも居たたまれない気持ちになってしまった僕は、昼休みが終わりそうな時間帯だったのでとりあえず会社に少し外に出ると電話を入れ、近くの交番に届けることにしました。

にしてもそもそも交番って言っても普段警察に用のない善良市民な僕は、会社の近くに交番なんてあったかどうかも知らないのでとりあえずスマホで「交番」とエリア検索を。

すると最寄りの交番はというと「愛知県警察本部」らしいのです。
交番ちゃうやん と思いつつも、県警本部なら話が多分早いだろう善は急げってなもんで県警本部に向かいました。


う~む、これはネタとしては面白いな、滅多にない絶好の機会だし愛知県警本部内から「県警本部なう」 とかツイートしちゃおかな~♪ などと暢気に思いつつポカポカ陽気の丸の内をブラブラ歩いて行きました。

でも県警本部に一歩足を踏み入れたその瞬間、場の空気に呑まれてしまった僕は「県警本部なう♪」 などと呟く意欲は一辺に吹き飛び、受付のオトッツァンに案内されるまま、県警本部内部に連れ込まれてしましたのでありました。

「ちょっとお時間大丈夫ですか?」と中身を検分する警察官の人の横に座らされ、調書を取られている間、善良な市民である僕の背筋は一直線に伸び、ハキハキと的確な受け答えをすべく努力したのでありました。

署のデータベースで照会すると、落とし主のオジサンの身元と連絡先もすぐに判明し、よかったよかった、となりました\(^o^)/


夕方に知らない番号から携帯に着信があり、落としたご本人からのお礼の電話でした。
なんでも一ヶ月以上も前に無くした財布らしく、免許証も通帳も再発行済みで、もうすっかり諦めていたとのこと。

オジサンからはお礼の申し出もありましたが、そんなつもりはありません、と辞退しました。


久々にいいことしましたワよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

空耳アワー

今日、職場の机の後ろの方で若い子が「…ええ、フェイスブックです。書いたるんですわ。フェイスブックの何ページ目かにその値段で書いたったんですわ!」 と電話で喋っているのが聞こえてきました。


決してIT系ではない我がオフィスで白昼堂々フェイスブックについて語るとは、なかなかのツワモノ と思い聞くともなく背中で聞いていると、どうやら書いてあったのは「フェイスブック」ではなく「建設物価」のようでありました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

顔からファイアー

そういえば先日、楽器屋さんにふらっと立ち寄った僕は、店頭に並べてあったRolandの新しいキーボードの試奏をしたのです♪

具合の良いことにヘッドフォンがあったのでそれを装着して。
じっくり楽しんだのです。
誰にも邪魔されたり、聞かれやんように。
独りの世界です♪

で最近のキーボードは素晴らしいなあ~でもアナログ時代の音の方がやっぱり好きだなあ~でもやっぱりRolandだなあ~しかしよく出来てるなあ~いい音だなあ~などと感心しながら昔とった杵柄で、オフコースの「メインストリートを突っ走れ」やら「いくつもの星の下で」やら「流れゆく時の中で」やら(何故かヤスさんの曲ばかり笑)、ついでに調子に乗ってビートルズやらイーグルスのデスペラードやらをここぞとばかりに思い付くまま時の経つのも忘れ、己の気の済むまで弾きまくったのでした。

店頭で。


で一仕事終えたかの如く、僕はふ~…っと大きく息を吐き、そしてヘッドフォンを耳から外して鍵盤の上に置いたんです。

そしたら。

何故か音が。
鳴るんです。


何故か音が鳴っとるではないですか。
キーボードの横の備え付けのスピーカーから。

恐る恐る鍵盤を押すと。
音が鳴っとっとではないですか。


しかも結構なボリュームで。


瞬間的に顔から火が出た僕は、くるっと踵を返し、そしてかなりの速足でその場を立ち去ったことは言うまでもありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

セルフ

「アッ!パパ!ここ蝉飼ってるガソリン屋さんだねッ」 と唐突に長女が言った。

「何だとッ?! 蝉?」 と僕は言った。
「ほらッ!書いたる!!」 と長女は指さした。


そのガソリンスタンドの入口には大きく "セミセルフ" と書いてあった(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

ステレオ効果

今朝のこと。

職場のビルのエレベーターが三機、同時に到着した。


どれに乗ろうか、僕は少し迷った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

劇的ビフォーアフター

ここだけの話、先月半ばから我が家のリフォームを行っていた。
リフォームとはいえあのテレビ番組のような全面的リフォームではない。
浴室と脱衣室のリフォームである。


実はここ数年、我が家では浴室水回り系に色々と問題を抱えていた。

まず、給湯器がヤバかった。
外部の配管部分からポタポタと水漏れし、その水漏れ量たるや一晩でバケツ数杯分にものぼる。
そのせいで給湯器の使用を極力避けねばならないという事態に陥り、かと言って使わないわけにもいかず、真冬の間など風呂上りにせっかく温まった身体を寒風に晒し外の湯の元栓を締めに行かなければならなかった。

それから、浴槽がヤバかった。
湯を張った状態で浴槽内で体を動かそうものならギシギシと異音が認められ、また浴槽の底はベコベコとしておりいつズコーンと底が抜けても家族誰一人決して驚きはしないだろう状態にあった。

また、これが一番の問題(というか不満点)は、「浴室が狭い」ということであった。
この家に入ってから十数年、これだけは最初からどうにも満足出来ない点だった。ましてや家族が増え、子どもたちと一緒に入る時など痛切にそれを感じるようになった。なんせ双子ですから、6歳児とはいえただでさえ小さい浴槽に3人も同時に浸かったらそりゃあなた。身動き取れませんわ。


数年前に業者から見積もりをとったことがある。浴室リフォームと言う観点で。
その時は、なんとン百万かかると言われた。お風呂でン百万でっせ。ビックリです。水回りのやり直しってそんなものなんかなあ。でも高いなあ。無理だ。で諦めました。
でもこの時実行に踏み切らなくて正解でした。もし実行に移していたらば我が家の家計はきっとその後のリーマン・ショックで悲惨かつ壊滅的な状況に陥っていたことでしょう。


でこの春。
子どもたちも大きくなってきたし、どうせいずれやるならいつでも同じだ、ならば早い方がいいということで。
別の業者さんにダメもとで見積を取ったら意外と実現可能な数字を出してきたので熟考に熟考を重ね、悩みに悩んだ末に結論を出しました。決行です。
子どもたちの春休みを利用し、短期集中型でやっつけてもらいました。

生活しながらのリフォームというのも、日に日に変化が手に取るようにわかって面白かった。
子どもたちも大喜び。毎日進捗状況の写真撮ったりしてね(笑)
テレテーンテテレテレン♪などと口ずさみながら(笑)

狭い浴室と広い脱衣室を思い切って入れ替えるというプラン。
狭い浴室と広い脱衣室、ってよくよく考えるとなんじゃそれ?でしょう。どちらに居る時間が長いか、リラックスするにはどちらが適しているか、という観点に立つと考えるまでもありません。
動線も大きく変わって、玄関前を通ってお風呂に行かなくても済むようになりました。来客時なんかはお風呂から出れませんでしたから。

浴室の仕様や脱衣室の壁紙なんかを決めるときも本当に楽しかった。新車のスペックをああでもないこうでもないと悩むときのような楽しみ。
ショールームにも実物見に行って、想像をふくらませたり。
で給湯器も一緒に交換。火力もパワーアップされてこれで湯になるまで1分近くも待たされずに数秒で湯になるという寸法(笑)


で結果。
かつては夢だった浴槽内で脚を伸ばせる!という悦楽に浸ることが出来るようになった次第であります。


でも何より、子どもたちと奥さんが喜んでくれるのが一番嬉しい。


ということで基本的にあまりお風呂が好きでもない(笑)この僕がそれ以来、毎日どんなに遅くなっても欠かさずお風呂に入るようになってしまったのであります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧